SBI証券でiDeCo(イデコ)を始めるメリットとおすすめファンド

つみたて次郎です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、60歳まで引き出しが不可能な代わりに、運用中の税金がかからなかったり、掛金を全額所得控除できるといったメリットのある公的年金制度の1つです。

個人型の場合、自分で任意の金融機関を1つ選ぶことになるため、その選択肢は非常に多いです。

また、1つの金融機関で取り扱い可能なiDeCo対象商品は35本までという厳しい制限があり、金融機関ごとの特徴が大きく出やすくなっているため、慎重に選んでいく必要があります。

基本的には、低コストなファンドを多くそろえているネット証券から選んでいくのがおすすめです。

その中で今回は、SBI証券におけるiDeCo利用について考察していきたいと思います。

楽天証券と並ぶ2大ネット証券の1つで、同グループのネットバンクであるSBIネット銀行との連携に強みがあります。

余談ですが、つみたて次郎が現在利用しているiDeCo口座です。

また、証券口座内で保有する投資信託の残高に応じたポイント還元サービスがあります。(低コストファンドの場合、0.03~0.05%の付与になることが多い)

ただしiDeCoではポイント還元の対象外になっているため、その点は少し残念です。

 

SBI証券でiDeCoを始めるメリット

iDeCoを利用するためには手数料がかかりますが、SBI証券の場合、その維持手数料は最低水準になっています。

口座開設する際の初回手数料は、国民年金基金連合会に必ず支払う2,777円のみとなっており、SBI証券に対する手数料はありません。

また、毎月拠出する場合の月額維持費は167円となっています。(国民年金基金連合会103円+信託銀行64円)

SBI証券としては口座管理手数料を一切取っていないため、最低コストでiDeCoを利用することができます。

2017年5月、SBI証券が手数料の無料化を発表し大きな話題になりましたが、その後主要ネット証券のほとんどが追随しているため、独自のメリットとはいえない点には注意が必要です。

 

SBI証券iDeCoのおすすめ投信

iDeCoは手数料やポイント還元で比較することができないため、iDeCo対象になっている投資信託がどれであるかが大きなポイントになります。

SBI証券のiDeCo対象商品で、有力な商品をピックアップしてみます。

 

iFree NYダウインデックス

NYダウに採用されている米国の大型株30銘柄に投資することができます。信託報酬は0.243%になっています。

ちなみにつみたて次郎は全額これに設定しています。

ただし米国株ファンドという括りで考えた場合、楽天証券のiDeCoで選択できる楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)が強烈なライバルになります。

iDeCoで米国株に集中投資をしたい場合、事実上この2択となるので比較して選んでいきたいところです。

参考記事「楽天証券でiDeCo(イデコ)を始めるメリットとおすすめファンド

 

EXE-i グローバル中小型株式ファンド

日本含む全世界の株式のうち、時価総額の小さい中小型株に投資することができます。

信託報酬は0.3304%と、投資コストが高くなりがちな小型株としては低めになっています。

SBI・全世界株式インデックス・ファンド(旧:EXE-iつみたてグローバル)から大型株を除いたような内容になっています。

小型株はハイリスクハイリターンになりやすい傾向があり、iDeCo対象商品でピンポイントに投資できる商品は非常に少ないため、貴重な存在です。

 

ひふみ年金

レオス・キャピタルワークス㈱が運用する、「ひふみ投信」「ひふみプラス」と同様に運用されているiDeCo専用商品です。

日本の中小型株を基本とした人気アクティブファンドです。過去高リターンを叩き出していますが、直近の成績はあまり良くありません。

参考記事「ひふみ投信が不調

iDeCo口座内でひふみファンドを保有することができるのは大きなメリットです。

ひふみ投信及びひふみプラスの信託報酬1.0854%に対して、ひふみ年金の信託報酬は0.8424%とやや低めに設定されています。

その代わり、保有年数に応じたひふみ独自の還元サービスは残念ながらありません。

 

※2018年11月1日より、従来のラインナップとは異なる「セレクトプラン」を選択することができるようになりました。対象商品に大きな違いがあるので、詳細は参考記事にてご確認ください。

参考記事「SBI証券のiDeCo(イデコ)にて「セレクトプラン」が選択可能に!

 

 

SBI証券iDeCo対象商品の問題点

上記3商品を除くと、魅力的な商品がほぼないのが致命的です。

現在インデックスファンドのほとんどのジャンルで、eMAXIS Slim及びニッセイの<購入・換金手数料なし>が最安値を独占している状況ですが、SBI証券では一切採用されていません。

※2018年11月1日より、従来のラインナップとは異なる「セレクトプラン」を選択することができるようになりました。上記2シリーズ両方とも対象商品となっています。

参考記事「SBI証券のiDeCo(イデコ)にて「セレクトプラン」が選択可能に!

 

SBI証券でiDeCoを始める際の注意

SBI証券のiDeCo対象商品は現在67種類もあり、ネット証券の中でも非常に多彩なラインナップとなっています。

しかし2018年5月に、iDeCoにおける対象商品数の上限を35本までとするという法律が規定されてしまったため、SBI証券は段階的にファンドを除外していく必要があります。

そしてこれは、今後魅力的なファンドが登場しても対象商品に加えるのが困難になるということを意味しています。

※2018年11月1日より、従来のラインナップとは異なる「セレクトプラン」を選択できるようになったため上記問題は一気に解決されました。

参考記事「SBI証券のiDeCo(イデコ)にて「セレクトプラン」が選択可能に!

本記事は、従来の「オリジナルプラン」についての考察が主になっています。

しかし2018年11月1日からスタートする「セレクトプラン」のほうが広くオススメできる内容になっているため、SBI証券でiDeCoを始めたい方はもう少し待ってからのほうが良いと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ブログ村ランキング

いでこ次郎

SBI証券でiDeCo(イデコ)を始めるメリットとおすすめファンド” に対して1件のコメントがあります。

  1. tm より:

    マネックス証券には「たわらノーロード NYダウ」があるようですがこれもiDeCoでNYダウに投資できる商品にあたるのではないでしょうか?あまり純資産額が集まってないようですが・・・

  2. 匿名 より:

    冒頭
    引き落としになってますよ。
    引き出しの間違いでは?

  3. つみたて次郎 より:

    ≻≻tm様
    すっかり見落としていました…。ご指摘ありがとうございます。

    ≻≻匿名様
    ご指摘の通り言葉が間違っていますね。教えていただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください