【祝】楽天バンガードファンドの信託報酬が一部引き下げ

つみたて次郎です。

当ブログでも頻繁に登場する楽天・バンガード・ファンドですが、一部商品について信託報酬引き下げが発表されました。

外部リンク…「楽天・バンガード・ファンド」シリーズ 実質的にご負担いただく運用管理費用の引き下げについて

下記6ファンドが引き下げ対象になっています。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)
楽天・新興国株式インデックス・ファンド(楽天VWO)
楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド(楽天VYM)
楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)
楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)
楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)

略称 変更前 変更後
楽天VT 0.2296% 0.2196%
楽天VWO 0.2696% 0.2496%
楽天VYM 0.2096% 0.1896%
株式重視型 0.2446% 0.2376%
均等型 0.2546% 0.2496%
債券重視型 0.2646% 0.2616%

 

楽天バンガードは、バンガードETFまたはバンガード投信を実質的な投資対象とするファンド・オブ・ファンズ形式の投資信託です。

信託報酬は、投資元信託報酬+0.1296%が基本となっています。

今回の引き下げは、つい先月発表されたバンガードのETFの信託報酬引き下げがその理由となっています。

参考記事…バンガードETFが信託報酬引き下げ【VT・VWO・VYMなど】

楽天VT、楽天VWO、楽天VYMの3種については投資元ETFの引き下げがそのまま反映されています。

バランスファンドの3種については、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)バンガード・グローバル・ボンド・インデックス・ファンドをファンド内部で組み合わせて運用されています。

本家VTについては引き下げされているので、VTへの投資比率に応じて引き下げ幅も変わっています。

出典「楽天投信投資顧問」

公式資料でとても分かりやすくまとめられています。

つみ次郎はこのうち楽天VYMを保有しているので、嬉しいニュースですね。0.2%引き下げはデカいです。

 

 

楽天バンガード含めファンド・オブ・ファンズ形式で運用されるファンドの特徴は、投資元ファンドの変化の影響を受けることです。

今回の場合は、本家バンガード(ETF)の変化が楽天バンガード(投信)に影響を与えています。

特に楽天VTについては、本家VTの変更により2回目の引き下げとなっています(0.2396%→0.2296%→0.2196%)

今のところは完全にメリットになっていますが、万が一バンガードETFの信託報酬が上がってしまった場合はデメリットにもなってしまうことは押さえておきたいですね。

VYMI「せやな」

また、楽天バンガード自体の上乗せ分(0.1296%)の引き下げが期待されるのではないかと思います。

楽天バンガードが登場した当初から言われていますが、バンガードETFの水準に対して0.1296%の上乗せは高すぎるという批判があります。

皮肉にもバンガードETFの信託報酬がゼロに近づくほど、その割高感が目立つことになります。

つみ次郎としてはETF→投信に変換するコストとして妥当だと思っていますが、Slim先進国株ニッセイ外国株式がトータルで0.11826%なことを考えるとちょっと引き下げを期待してしまいますね。

 

あと気になったのが、隠れた楽天バンガードといえる楽天・インデックス・バランス(DC年金)について言及がなかった点です。

こちらも本家VTが15%ほど組み込まれているので、単純計算で0.0015%の引き下げになると思っていました。

ただしこちらはDC専用、楽天等上乗せ分がなぜか0.0648%と他の楽天バンガードとは異なる事情を抱えているので、また後で発表されるのかもしれません(引き下げなしは流石に考えにくい)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ブログ村ランキング

楽天バンガード次郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください