【つみたてNISA】楽天証券とSBI証券を比較

つみたて次郎です。

2018年から始まったつみたてNISAですが、少額から非課税で投信積立をすることができ、特に若年層の資産形成としては必須ともいえる素晴らしい制度です。

主な特徴は次の通りです。

 

・年間40万円を非課税で投資できる。
・非課税期間が20年と非常に長い。
・金融庁により投資対象が厳選されている。
・投資先はインデックス型投資信託が大半を占める。

 

年間40万円までという比較的少額な上限・20年間という非常に長い投資期間という特徴から、文字通り積立投資でコツコツ資産形成をしたい人にピッタリの制度です。

従来のNISAとどちらか一方しか選ぶことができませんが、年間の投資額が100万円を超えない程度であれば断然つみたてNISAをオススメします。

そしてつみたてNISAは、政府機関である金融庁が、国民の投資による資産形成を定着させるために始めた制度であり、金融機関にとってはあまり儲からない内容となっています。

もともと日本では、非常にハイリスクな商品を高い信託報酬で売りつけたり、頻繁に売買回転させて売買手数料を取るといった悪行が続いていましたが、そこにメスを入れた形となります。

その結果、売買手数料はゼロ・信託報酬は一定以下・投資対象商品も大幅制限という、金融機関にとっても投資家にとっても厳しい規制が行われています。

といっても、長期投資に必要な商品ばかりが厳選されているので、初心者にとってはむしろ選びやすいというメリットにすらなります。

そしてここからが本題です。

特定口座や一般NISAの場合、ラインナップや手数料等を吟味して金融機関を選んでいく必要があります。一般的には、実店舗型の銀行よりもネット証券が優れています。

しかしつみたてNISAの場合、投資対象が大きく制限されており、手数料でも差がつかないことで、つみたてNISAは基本的にどこの金融機関で開設しても大差がないという状態になっています。

そんな中で、唯一差別化できるのが、ポイントによる還元です。

投資信託を保有するだけで、評価額に応じてポイントをもらうことができ、うまく活用できれば事実上の信託報酬キャッシュバックとなります。

そして現在、ポイントによる還元サービスがあるのは次の2つだけです。

 

・楽天証券

・SBI証券

 

ネット証券の二大双璧ともいえ、つみたてNISAに限らずサービスが豊富です。

徹底的に突き詰めて選んでいくのであれば、つみたてNISAの口座開設先はこの2択といっても過言ではありません。

今回は、この2つのネット証券を徹底比較していきたいと思います。

 

つみたてNISA対象商品取扱数

まずは、つみたてNISA対象の取扱商品数を見ていきます。

楽天証券…128本
SBI証券…131本

現在つみたてNISA対象となっているのは全部で146本ですので、ほとんどの商品を選べる状態といえます。(2018年4月20日現在)

この2つは全ての金融機関で見てもトップクラスですので、選ぶのに困ることはないでしょう。

ほぼ唯一の違いは、「SBIインデックスファンド」シリーズがSBIネット証券でしか取り扱いされていないということです。

○SBI証券にあって楽天証券にないもの
SBI・全世界株式インデックス・ファンド
SBI・先進国株式インデックス・ファンド
SBI・新興国株式インデックス・ファンド

この3商品に投資したいのであれば、必然的にSBI証券を選ぶことになります。

※2018年5月11日より、楽天証券でも投資することが可能になりました。

しかし、この3商品は個人的にあまりオススメできません。

参考記事「楽天バンガード vs EXE-iつみたて

ラインナップは、事実上互角といってもいいでしょう。

 

ポイント還元率について

最も重要な部分といえます。

投資信託の保有残高に応じて、楽天証券では「ハッピープログラム」、SBIネット証券では「投信マイレージ」というサービスに基づきポイントを得ることができます。

投資信託の評価額に応じて毎年一定額をポイントでもらうことができるので、信託報酬のキャッシュバックです。

そして還元率は、楽天証券が一律0.048%、SBIネット証券が商品に応じて0~0.05%となっています。

条件が違うので、一概に優劣を決めることはできません。そのため、つみたて次郎が選ぶつみたてNISAの有力商品で比較してみたいと思います。

この手の比較をする際は、ポートフォリオの中心になるメイン商品で考察するべきです。そしてほとんどの投資家であれば、ポートフォリオの中心は先進国株式クラスになるはずですので、先進国株式及びそれに準ずる商品で還元率を比較してみます。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド楽天VT
楽天・全米株式インデックス・ファンド楽天VTI
eMAXIS Slim 先進国株式ファンドSlim先進国
eMAXIS Slim 全世界株式(日本除く)Slim全世界日除
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)Slim3地域均等

いずれも現時点における最有力候補です。株式中心でポートフォリオを組むのであれば、このいずれかにたどり着くといっても過言ではありません。

ポイント付与率を一覧にまとめてみました。(2018年4月20日現在)

 信託報酬 楽天証券 SBIネット証券
楽天VT 0.2296% 0.048% 0.03%
楽天VTI 0.1696% 0.048% 0.03%
Slim先進国 0.11826% 0.048% 0.03%
Slim全世界日除 0.15336% 0.048% 0.05%
Slim3地域均等 0.15336% 0.048% 0.05%

 

わずかなポイント付与率に見えますが、元の信託報酬やその中の販売会社取り分を考えれば、ほぼ赤字ギリギリともいえる素晴らしいサービス内容です。

全体的な傾向としては、超低コストファンドでは楽天証券が0.048%で有利・その他ではSBIネット証券が0.05%で有利となっています。

しかし、あくまでこの付与率は証券会社のサービスに過ぎず、改悪や廃止の可能性もあるのであくまでおまけとして考えましょう。

そしてさらに重要なのは、もらったポイントをうまく活用しなければ意味がないということです。

特につみたてNISAの場合、40万円という上限があるので、ポイントをうまく他の投資や生活費として活用する必要があります。

それぞれもらえたポイントは、次のように活用することができます。

 

楽天証券(楽天スーパーポイント)
・楽天市場等の楽天関連サービスで使える
・投資信託の買い付けに使える

SBI証券(SBIポイント)
・現金に減価交換できる
・nanacoやT-ポイントに等価交換できる

 

ポイントの使い勝手で言えば、大きく楽天証券に分配が上がります。楽天自体のサービスが広いことや、何よりポイントで直接投資信託を購入できるという凄まじいメリットがあります。

つみたてNISAで上限40万円を投資する予定の人は特定口座で買い付けすることになりますが、投資信託を保有して得たポイントで投資信託を購入するのは、(わずかな金額とはいえ)配当金再投資のようで面白いですね。

ポイント買付をきっかけに、つみたてNISA以外(特定口座など)でも資産形成していければ理想的です。

なお、ポイントサービスについての詳細や還元率の変更などについては、公式ホームページで確認してください。

外部リンク…ハッピープログラム(楽天証券)
外部リンク…投信マイレージサービス(SBI証券)

なお楽天証券の場合、楽天銀行との連携が必須となりますので、併せて開設しておきましょう。

 

まとめ

つみたてNISAでは、ポイント還元サービスがほぼ唯一の差別化要素となり、リターンを追求するなら楽天証券かSBI証券のどちらかを選ぶのが最適解です。

そして、楽天VT・楽天VTI・eMAXIS Slim 先進国株式ファンドなど、SBI証券での付与率が0.03%しかない商品を選ぶ場合、一律0.048%のポイントがもらえる楽天証券を選ぶべきです。

逆にSBI証券で0.05%もらえる商品をメインに選ぶのであれば、SBIネット証券に分があります。

しかし、もらえるポイントの使い勝手に大きな差があるので、SBIポイントをうまく活用できる人でなれば楽天スーパーポイントのほうが便利な気もします。

SBI証券の付与率が0.05%で有利な時でも、楽天証券も0.048%とほとんど差がないので、ポイントの利便性で楽天証券を選んでしまってよいのではないかと思います。

ポイントが信託報酬の還元として役立つのは、ポイントをうまく活用できた場合に限ります。そしてポイントで投資信託を買付できれば、確実にリターンにつながります。

まとめると次の通りです。

 

楽天の還元率が高い or ポイントを次の投資に充てたい→楽天証券がオススメ

SBIの還元率が高い & SBIポイントの使い道がある→SBI証券がオススメ

 

どちらも非常に優秀なネット証券ですが、上記の判定基準だと楽天証券が向いている人が多いような気がします。

SBIポイントは、やはり使い勝手の悪さが気になります。ポイント還元率で大きな差がついていないのも痛いです。

SBI証券を選ぶのであれば、SBIのサービスを普段から利用している人や、特定口座での投資も視野に入れて考えていくべきではないかと思います。

どちらも甲乙つけがたい素晴らしい証券会社ですが、つみたてNISAを基準に考えるのであれば楽天証券をオススメしたいと思います。


上記画像をクリックすると、楽天証券口座開設ページに進みます。


SBI証券の口座開設はコチラからできます。

 

証券口座を開設する際は、系列のネット銀行(楽天銀行 or 住信SBIネット銀行)も同時に申し込むことを強くオススメします。

それぞれ上記のリンクから同時に申し込みが可能です。

 

【つみたてNISA】楽天証券とSBI証券を比較” に対して1件のコメントがあります。

  1. さと より:

    いつも楽しく読ませてもらっています。
    このポイント還元について質問があります。

    他の方のブログで投信を毎日100円で15本買い付けてポイントを稼ぐというものがありました。
    こうすると月々900ポイント、年間10800ポイント溜まる計算だそうです。
    こうすれば確かに確実にポイントがつくので得だと思いますが、分散しすぎることによって一つ一つの投信の複利効果が薄れるのではと思いました。

    つみたて次郎様はどちらが良いとお考えでしょうか?

  2. つみたて次郎 より:

    ≻≻さと様

    いつもありがとうございます。
    楽天証券で使える裏技ですね。私はかなり有効な方法だと思います。
    複利効果については、投信の本数が1本でも複数でも関係なく、適切なポートフォリオを作成できれば問題ないと思います。
    http://siegeljiro.com/msci-kokusai-7
    関連記事ですのでよろしければご覧ください。むしろ分散することによるメリットすらあります。
    しかし、あくまで裏ワザなので改悪の可能性があること・多数の投信を保有することになるので管理が非常に面倒なこと・適切なポートフォリオを構築できないケースがあるということから、万人にオススメできる方法ではないと思っています。
    ちなみに私の場合、米国株に集中投資するという目的が達成できないので、現状やる予定はありません。
    逆に、VTのようなポートフォリオを検討している方であればほぼ同様のポートフォリオを構築できますので、管理の手間を許容できるならとても良いアイディアだと思います。

  3. さと より:

    ありがとうございます。
    とても参考になります。
    私は年間40万円全額をVTI にしようと検討しておりました。
    VTI 一本で米国株の成長に賭けるか、裏技のように投信15本を購入しポイントを稼ぐか、はたまた米国株のみの投信を選定して10本ほど購入して米国株の成長とポイント稼ぎの中間を狙うか‥…
    どれも間違いではないのでしょうが、出来るだけ正解に近づきたいと欲が出てしまい、悩んでいた次第です。

  4. 乾燥 より:

    楽天証券なら買付資金を楽天銀行の方に放り込んでおけば利子が0.1%着くのもありがたいですよね。
    ただ他社で評判の良い毎日自動積立が将来導入された場合、ほぼ間違いなくハッピープログラムの条件が変更されるのが…。

  5. つみたて次郎 より:

    あくまでポイントはオマケであると割り切るしかないですね。
    ポイント関連で楽天が遅れを取るとは考えにくいので、改悪されても結局楽天が一番にはなりそうですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください