楽天・全世界インデックス・ファンド vs 本家VT

シーゲル二郎です。

楽天から販売された「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」が大人気で、2017年9月28日から運用が始まったにもかかわらず、本日の総資産額は3.37億円になっています。(以下:楽天VT)

ですが、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」はその上をいく5.16億円です。

まだ始まったばかりなので何とも言えませんが、全米のほうが多いのは意外でした。

おさらいですが、楽天VTとはバンガードの人気ETFである「バンガード・トータル・ワールド・ストック(VT)」をひたすら買い続ける投資信託です。(以下:本家VT)

本家VTは非常に人気がありますが、海外ETFなのでドルでしか買えなかったり、配当金再投資ができずに不便です。そして何より少額から投資しずらいので、シーゲル二郎のような貧乏人には無縁の商品です。

そこで乗り出したのが楽天であり、手数料を差っ引いていく代わりに、貧乏人でも投資しやすいようにしたのが楽天VTという訳です。

主な差をまとめると次の通りです。(1ドル=100円として計算)

楽天VT 本家VT
投資対象 全世界株式 全世界株式
信託報酬※ 0.2396%+α 0.11%
売買手数料※ なし 片道0.486%
為替手数料※ なし 0.005~0.25%
配当利回り 0% 約2%

※手数料はSBIネット証券を参考にしています。
※2018年より、VTの信託報酬が0.10%に引き下げられており、楽天VTも0.2296%になるはずです。今回の比較上は同条件のため、旧情報で計算している点にはご了承ください。

本家ETFの売買手数料は片道0.486%ですが、最低5ドルの手数料がかかるので、一度の取引金額を10万円くらいにしないともっとかかります。

為替手数料は1ドルあたり0.25銭が基本ですが、FXで10,000ドル単位で両替すれば大幅に節約できるようです。

楽天VTの場合、配当金は自動的に再投資されます。投資信託なので、自動積立にも対応しています。その一方本家VTは海外ETFなので、売買で手数料がかかるし、配当金が発生するので再投資が面倒です。

ですが、それを有り余って補うのが圧倒的な信託報酬の安さです。楽天VTは当然楽天の取り分があるので、信託報酬は高めです。(それを踏まえてもかなり低コストですが)

また、ETFは上場している金融商品で、売買するときは投資家同士でやり取りがされるので、取引で税金や売買手数料が発生しない仕組みになっています。

しかし、投資信託では現物の資産(今回はVTそのもの)を保有しているので、顧客の解約などがあれば売買手数料や税金が発生してしまいます。

信託報酬では、実際には0.2396%と0.11%以上の差がついてしまうでしょう。

今回は、積立NISAの40万円を20年間という条件で比較してみます。シーゲル二郎は貧乏人代表なので楽天VTびいきをしてしまいます。そのため、あえて楽天VTに不利な条件で勝負させてみます。

共通条件
・それぞれ毎年40万円を積立投資していく。
・本家VTは積立NISAで投資できないが、無理やりできるものとする。
・本家VTは本来不可能だが、ピッタリの額を投資できるものとする。
・トータルリターンは毎年6%とする。(値上がり益4%、配当利回り2%)
・ロールオーバーは考えず、20年目で運用は終了とする。

楽天VTI側

・信託報酬は0.2396%だが、隠れコストを考慮して実質コスト0.4%と仮定する。
・配当金は20年間一切でないとする。
・配当金はファンド内部で源泉徴収10%を引いた1.8%を再投資する。

本家VTI側

・信託報酬は0.11%とする。
・売買手数料と為替手数料は合わせて片道0.5%とする。
・配当金は源泉徴収10%を引いた1.8%を再投資する。
配当金は課税口座で再投資する。
・課税口座で発生した配当金の源泉徴収は全て取り戻せるとして20%を引いた1.6%を再投資する。

 

少しわかりずらいですが、毎年値上がり4%、配当利回り2%と仮定してトータルリターンを計算します。全体として本家VT側に有利な設定かと思います。

配当金が出ないとすれば、毎年40万円の枠を使うことができますが、配当金が出る本家VTでは、2年目以降配当金を積立NISAの中で投資することができません。

1年目に40万円投資すれば年間で税引後7,200円の配当金がもらえますが、2年目に追加資金40万円を用意しているなら積立NISAの枠内で投資できません。

あらかじめ枠が決まっているのなら、配当金が出ないというのは事実上の非課税枠の拡大ともいえます。

参考記事「積立NISAではETFではなく投資信託を選ぼう

したがって、本家VTの配当金は全て課税口座で運用することにします。ただし、米国の源泉徴収10%は全額取り戻せるとします。

それぞれの結果を表すと次の通りです。

(やっぱりほぼ一緒やん)

このグラフは、それぞれの評価額を表したグラフです。楽天VTについては、手数料や税金はファンド内で完結するので、そのままのグラフにしています。

本家VTについては、それぞれの年度で売却したと仮定した場合の評価額です。

グラフでは小さい差ですが、実際はそこそこあります。(単位:円)

経過年数 楽天VT 本家VT
1年目  421,600 411415
2年目  865,966 861569
3年目  1,334,329 1329660
4年目  1,827,982 1824423
5年目  2,348,293 2347303
6年目  2,896,701 2899821
7年目  3,474,723 3483583
8年目  4,083,958 4100280
9年目  4,726,092 4751697
10年目  5,402,901 5439714
11年目  6,116,257 6166315
12年目  6,868,135 6933590
13年目  7,660,615 7743743
14年目  8,495,888 8599099
15年目  9,376,266 9502109
16年目  10,304,184 10455357
17年目  11,282,210 11461566
18年目  12,313,049 12523610
19年目  13,399,554 13644516
20年目  14,544,730  14827480 

1~5年目は売買手数料の関係で楽天VTのほうが有利です。それ以降は信託報酬の差が響いて本家VTのほうが有利です。

20年目の評価額の差は282,750円でした。割合だと約2%の差です。この差を取るか手間を取るかですね。

本家VTは、20年間で約225万円の配当金が発生しており、すべて課税口座で運用されました。最終的には約58万円の値上がり益が発生していたため、売却時にキャピタルゲイン税を支払っています。

20年目に売却した場合のキャピタルゲイン税は115,301円でした。

楽天VTは全て積立NISA枠で収まったので、米国に払っている配当課税以外は一切非課税でした。

信託報酬に大きな差があるので埋めることはできませんが、思ったほど差がないですね。本家VTでは配当金が非課税で運用できないので、余計な税金がかかってしまうためです。

とはいえ、20年間で約30万円の差は小さいとはいえませんね。

楽天VTの場合、実質コスト0.4%が正しいとすると21年目は年間6万円近い信託報酬が発生します。

シーゲル二郎の月額投資金よりも多いです(笑)

やはり信託報酬が長期では響いてきますね。年間たった40万円しか投資できない貧乏人でもこれだけの負担なので、さらに投資資金が多い金持ちならなおさらです。

長期投資家の敵は別の投資家ではなく、税金と信託報酬である点を再度理解しました。

今回はVT対決でしたが、VTI対決もあるのでよろしければご覧ください。

楽天VTI vs 本家VTI

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村
VIGとかVYMとかこないかな

お知らせ

つみたてNISA専門の解説サイト「つみたてNISAとは?」を立ち上げました。

つみたてNISAについて詳しく知りたい人や、投資初心者の方は、コチラもぜひご覧ください。

下記の画像をクリックするとサイトに移動します。

 

ジャンル別のオススメ商品も紹介していますので、ぜひご覧ください!

つみたてNISAオススメ商品

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。