三井住友・バンガード・海外株式ファンド 分析

シーゲル二郎です。

今回は、三井住友・バンガード・海外株式ファンド(投資信託)を分析していきます。

バンガードと名がつく投資信託は、現在次の3つが代表的です。

ファンド名 投資先
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 全世界株式及び債券
楽天・全世界株式インデックス・ファンド 全世界株式
楽天・全米株式インデックス・ファンド 米国株式

 

これらは非常に人気のある投資信託です。バンガードと名がつく投資信託はこれだけかと思っていましたが、三井住友からも出ていました。

初めて知ったのでとても驚きました。(シーゲル二郎が知らなかっただけかも)

セゾンバンガードと同じく、ファンズオブファンズ形式でバンガードに投資していきます。

出典「三井住友トラストアセット・マネジメント

いずれも未上場のミューチュアルファンドになっています。ETFで当てはめていくと、次の4つになるかと思います。時価総額を参考に割合は決められているようです。

ETF名称 構成比率
バンガード・米国グロース(VUG) 32.5%
バンガード・米国バリュー(VTV) 32.5%
バンガード・ヨーロッパ株式(VGK) 30%
バンガード・新興国株式(VWO) 5%

 

いずれもなじみ深い投資先になっています。実際はETFでではなくミューチュアルファンドになるので、バンガードで発生する管理費用は0.18~0.26%になっています。

VTを通じて全世界株式に投資する「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」に比べると、次の4点が違います。

・米国がグロースとバリューに分かれている(あまり意味ない気が…)
・米国・ヨーロッパ以外の先進国(アジア太平洋など)が含まれていない
・新興国株式の比率が低い
日本が含まれていない

おおよそ全世界株式(日本除く)にまとめて投資できる投資信託ということになります。

分配金は年度ごとによりますが、ほとんどは発生しているようです。直近の2017年4月5日には330円の配当金が出ており、基準価格で計算すると税引前で配当利回りは約1.5%です。

運用は2006年からされており、非常に歴史は古いです。総資産額も現在200億円をこえており、なかなか巨大です。

その割にはあまり知名度がない気がするし、シーゲル二郎も恥ずかしながら初めて知りました。

 

ちなみに信託報酬は年間1.241~1.341%です。

この投資信託をいったいどう有効活用すればいいか、教えてほしい。

頼んだよ。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
ランキングトップは誰だ?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。