バンガード・米国グロース(VUG)分析

つみたて次郎です。

今回は、バンガード・米国グロース(VUG)を分析していきます。

米国の大型グロース株全体をカバーするETFです。日本ではあまり人気がありません。

バンガード・米国グロースETF(2018/6/30現在)

項目 データ
信託報酬  0.06%
銘柄数 306
PER 22.30倍
PBR 4.97倍
利益成長率 9.06%
売買回転率 8%
配当利回り 1.18%

 

当然ながら、各指標は割高になっています。

売買回転率は8%と低く、入れ替えが激しくなりがちなグロース株ETFとしては驚異的です。

 

過去10年では、S&P500を大きく上回っています。

通常グロース株は、下落相場でダメージを受けやすいといわれていますが、リーマンショックにおいてはむしろ小さい下落幅で済んでいます。

 

セクター別では次の通りになっています。S&P500に連動するVOOと比較します。

VOO と VUG(2018/6/30現在)

セクター VOO(S&P500) VUG(米国グロース)
情報技術 22.89% 31.46%
金融 16.21% 8.98%
ヘルスケア 14.5% 11.62%
一般消費財 12.06% 19.56%
資本財 10.19% 10.66%
生活必需品 7.30% 5.07%
エネルギー 6.34% 3.96%
電気通信 3.28% 2.63%
公共 2.95% 0.00%
不動産 2.33% 3.96%
素材 2.45% 2.10%

 

グロース株ETFらしく、情報技術セクターが多くなっています。

また、アマゾン(AMZN)やネットフリックス(MFLX)などが含まれるため、一般消費財セクターの比率も多めです。

その反面、バリュー株に分類されやすい金融やエネルギーは少なめになっています。

 

 

VUG構成比率上位10銘柄(2018/6/30)

会社名 構成比率
アップル 7.16%
アマゾン 6.13%
アルファベット 5.91%
ビザ 2.07%
ホームデポ 1.97%
ボーイング 1.71%
マスターカード 1.59%
ネットフリックス 1.41%
コムキャスト 1.32%
ウォルト・ディズニー 1.30
上位10銘柄合計 30.57%

 

S&P500同様、大型ハイテク株が上位を占めています。

特筆するべきは、FAAMGの一角を占めているマイクロソフト(MSFT)が含まれていない点です。

とはいえ、マイクロソフトの今後の動向次第では、採用される可能性は十分ありそうです。

また、去年の同時期においては、一般的にはグロース株とは言い難いフィリップモリス(PM)やコカ・コーラ(KO)が採用されていたこともあり、グロース株ETFでありながらその採用基準はかなり広いようです。

 

一般的にバリューとグロースは相反する立場にあり、割安株をバリューと定義するのであれば、必然的にグロースは割高株のみを抽出することになります。

これは本来のグロース株投資のセオリーからは外れますが、ETFという形でまとめて投資するのであれば、避けられない問題です。

各指標が示す通り、VUGを構成する銘柄は相対的に割高になっており、個人的にはあまり魅力的には思えません。

正反対の性質を持つ「バンガード・米国バリュー(VTV)」のほうが好みです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
成長の罠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください