【悲報】ニッセイ外国株がまたしてもトラッキングエラーをやらかす

つみたて次郎です。

先進国株式インデックスファンドとして超有名な「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」ですが、ここ数日の株価変動で指数との乖離を発生させているようです。

今回参考にさせていただいたのは、たわら男爵氏の記事です。

 

外部リンク(40代でアーリーリタイアしたおっさんがたわら先進国株でベンツを買うブログ)

ニッセイ外国株、1日で0.12%の下方乖離を出す
ニッセイ外国株、1日で0.22%の上方乖離を出す

 

ほぼタイトルで完結していますが、ここ数日でトラッキングエラーを連発してしまったようです。

ニッセイからまだレポートが出ていないので原因等は不明ですが、むしろたわら男爵氏の推測のほうが頼りになりそうです(笑)

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド(以下:ニッセイ外国株)は、長らく先進国株式ファンドの信託報酬最安値をキープしていたこともあり、投信ブロガーからの評価も非常に高いです。

先日発表された「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」では、第2位という成績を収めています。

また、2014~2016年には3年連続1位という偉業を成し遂げており、まさにスーパー投資信託ともいえる商品です。

信託報酬は0.20412%となっており、少し前まで最安値でした。しかし、運用技術に問題があるのか、指数との連動性に疑問が出ています。

また、2016年11月のトランプ大統領就任の際には、盛大なトラッキングエラーをやらかし、1日で▲0.21%という取り返しのつかない損失を出しています。

外部リンク…ベンチマークと運用実績の乖離について(NISSAY)

ニッセイが臨時レポートを出すほどの大事件となってしまいました。

▲0.21%と聞くと大したことがないように思いますが、1年分の信託報酬が吹き飛んだといえば分かるはずです。

今回も0.12%と0.22%という、とても危険なレベルで上下のブレが発生しており、今後の不安が残ります。

何より問題なのは、ニッセイ外国株は新規設定されたファンドでもなく、むしろ総資産額800億円越えの主力クラスファンドであるという点です。

ニッセイ外国株は、現在間違いなくニッセイアセットマネジメントの看板商品であり、人気のため総資産額も右肩上がりです。

それにもかかわらず、これほどトラッキングエラーをやらかすのは理解できません。インデックスファンドは指数と連動することだけが存在意義ですから、ニッセイ外国株への評価はダダ下がりになるでしょう。

実質コストは非常に高いですが、信託報酬の低さとニッセイのやる気を買って今後も応援していきたいですね・・・と今までは言えたのですが、eMAXIS Slim 先進国株式ファンド(信託報酬0.11826%)がある現在では選ぶ理由がなくなってしまいました。

ニッセイが追随して引き下げをしない限り、比較対象にもならないポンコツファンドになってしまいそうです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村
ニッセイ次郎

【悲報】ニッセイ外国株がまたしてもトラッキングエラーをやらかす” に対して 4 件のコメントがあります

  1. とっつぁん より:

    素朴な疑問で、同じコクサイ指数の他投信は余りエラー起こさないのかな?純粋にニッセイさんに問題ありなら乗り換えようか迷うところ。Slim最安だし〜(^^)
    まあ、他投信も可能性あるけどニッセイさんが頻繁にエラー起きてるって事かな。

  2. つみたて次郎 より:

    私自身は詳しく調べていないのですが、たわら男爵氏の分析を見る限りではニッセイがとびぬけてブレているように感じます。

  3. rosio より:

    こんにちわ。はじめまして。
    いつも有用な情報ありがとうございます。
    ニッセイ、何度目か分かりませんので、本日iDeCoの積立商品変更しました。
    弊ブログに記事引用させていただきましたが、トラックバックのやり方が分からず、コメントで失礼させて頂きます。今後ともよろしくお願いいたします。

  4. つみたて次郎 より:

    こんにちは、どうもはじめまして。
    わざわざ報告していただきありがとうございます。
    今後とも応援よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。