ドル建てでは利益出てるという戯言

シーゲル二郎です。

投資家の中には、なぜか日本で生活しているのにドルにこだわってしまう人がいます。

具体的には、外国株や海外ETFなどのドル建て資産に投資をしている人がリターンをドル建てのまま計算します。

理由は2つあります。まず1つ目は、ドル建て資産は当たり前ですがドルで売買されているので、ドルで考えたほうが楽だからです。この人たちが外国株に投資する国内ETFや投資信託を購入した時にどう評価するのか興味があります。

2つ目は、円高で為替差損を食らうと、ドル建てでは値上がりしてても円建てでは損しているということが起こり、損している事実を認めたくないからです。その場合によく言い訳に使われるのが、「ドル建てでは利益出てる」です。

しかし、日本で生活をする人は、みな円建てでリターンを考えなければなりません。なぜなら、我々が得るべきものは、ドルなんて紙屑ではなく最終的な購買力だからです。

そして、日本で通用する購買力は円のみであることから、いかに円建てリターンを最大化するかを考えたほうがいいです。仮に将来アメリカで生活する人だとしても、手持ちの円をドルに交換して投資をしているのですから、最終的に円建てで損したなら投資をしないほうがマシだったという結果になります。

念のため申し添えますが、リターンの計算ではなく投資の判断材料としては、ドル建て評価は非常に重要です。ドル建てが横ばいなのに円建てで下がっていたら、絶好の投資機会ですので。

日本にいる多くの投資家は、ドルをそのまま受け取っているのではなく、稼いだ円をドルに換え、米国株に投資しているのですから、最終的なリターンの評価も円です。

そもそも円に対してドルはインフレ率が高いのですから、円建てで評価するよりも見かけ上いい数字になってしまいます。円に戻してみたら大したことなかった、なんて悲しいオチになりかねません。

為替変動により変動幅が大きいのは、決してデメリットではありません。一時的に為替差損で損をしていることは、恥ずかしいことではなく、むしろ投資のチャンスです。長期投資、特にドルコスト平均を実践している人ならば、株価変動は大きいほど将来のリターンを押し上げるのですから。

参考記事「高ボラティリティは味方だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。