VFコーポレーション(VFC)分析

シーゲル二郎です。

今回はVFコーポレーション(VFC)を分析していきます。

世界的なアパレルブランドです。

 

連続増配…44年

S&P格付…A

採用インデックス
・米国配当貴族指数
・S&P500

 

いろんなブランドを傘下に持つ幅広いアパレルメーカーのようです。シーゲル二郎はアパレルに興味がないので知りませんが、下記のブランドが有名みたいです。

ブランド名 ジャンル
ノースフェイス アウトドアアパレル
ティンバーランド アウトドアシューズ
バンズ スニーカー
リー ジーンズ
ラングラー ジーンズ

 

他にも多数のブランドを所有しているのでほんの一例です。

世界三大ジーンズのうち2つを抑えています。

 

また、ノースフェイスは、もともと登山向けの装備やリュックだったようですが、最近ではカジュアルの要素を取り入れ、幅広く支持を集めているようです。

自社でブランドを育てるというよりは、他社から買収して育てるのが得意な企業のようです。VFコーポレーションは、アパレルを中心とする投資会社といってもいいかもしれません。

出典「東洋経済オンライン

米国内だけですが、VFコーポレーションは3位の事業規模です。といっても、アパレル業界は流行廃りが激しいので油断はできません。

 

海外売上比率は4割ほど。アパレル業界であれば、このくらいで十分多国籍展開できていると思います。

 

売上と純利益は地味ながら増えており、安定しています。

 

2015年は事業の悪化実投資により売上は減少しました。投資CFは少なく、フリーキャッシュフローは十分生み出すことができています。

 

ここ数年の増益率は素晴らしいです。配当性向も上昇していますが、まだまだ問題ない水準です。

 

2015年には利益が減少したため、株価も併せて下落しています。

現時点情報(2017/8/25)

株価…62.94ドル
PER…23.87倍
配当利回り…2.67%
連続増配…44年

2015年に下落しましたが、その後は回復傾向です。配当利回りも3%を切っており、割安とは言えません。

アパレル業界は、投資家によって意見が分かれやすい項目だと思います。ある意味ブランド力が勝負を決めるジャンルではありますが、時代ごとの移り変わりが激しい業界でもあります。

そのため、有名ブランドで高収益を得ていたとしても、他社ブランドの台頭で崩されてしまう可能性も非常に高いです。

そのため、あまり長期投資に向いている業界ではありませんが、VFコーポレーションは、44年もの間連続増配を達成しており、ブランドの買収戦略にたけているといえます。

配当利回りは2.67%とほどほどの水準ですが、配当性向も直近以外は50%を切っており、これからも増配は続きそうです。

アパレル業界で長期投資をするなら、VFコーポレーションはよい銘柄ではないでしょか。

配当貴族にふさわしい銘柄であり、配当王も目前の優良企業です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。