プラスサムゲームとは?

シーゲル二郎です。

これまでゼロサムゲーム、マイナスサムゲームについて説明しました。これら2つは、勝者と敗者がはっきり分かれてしまうので、参加するべきではないゲームという結論です。

今回は、その最終回ともいえる、プラスサムゲームについて説明していきます。

プラスサムゲームとは、「全体の持ち点がどんどん増えていくゲーム」になります。簡単に言うと、「賭け事をしていると、だんだん全体で儲かる」とう不思議な状態です。

現実世界で、プラスサムゲームはほとんどあり得ません。個人間での賭け事なら、全体でプラスになることはあり得ないし、カジノやパチンコでは必ず胴元は儲かるので、全体では損失になります。

私たち一般庶民が参加できる数少ないプラスサムゲーム、それが株式投資なのです。

株式投資は、短期的には安く買う人、高く売れた人が利益を得ることができるゼロサムゲームです。しかし、株を頻繁に売買しない長期投資家であれば、まったく別の景色が見えます。

特にインデックス投資家であれば、基本的に売買することなく、株価上昇や配当金によって利益を得ることを目的にしています。

多くの国で、株価は右肩上がりで成長していることが証明されています。

参考文献「株式投資の未来」

これはアメリカの場合ですが、株式は勢いよく右肩上がりになっています。他の国でも、株式は基本的に右肩上がりで上がり続けています。(最近で上がってないのは日本くらい)

株式に長期間投資をしていた人は、嫌でもみんな勝者になってしまうのです。

株式の歴史的な年間平均リターンは、6~7%で増え続けてきました。つまり、毎年全体の取り分が増えていくプラスサムゲームだというわけです。

もちろん今後も取り分が増えていく保証はありませんが、過去200年続いてきた歴史がここで途切れると考えるのも不自然です。

長期投資家の多くは、みんなが勝ち組になることができるということです。

「一部負ける人もいるだろ」という意見もありますが、だったら平均点を取れるインデックス投資をすればいいだけの話です。

株式投資で負けるほとんどの人は、短期投資家か、途中で逃げてしまった元長期投資家のどちらかです。

また、長期投資家であっても、市場平均と大きくかけ離れたポートフォリオを組んでいるアクティブ投資家も、安心できないので注意してください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。