レゲット・アンド・プラット(LEG)分析

シーゲル二郎です。

今回はレゲット・アンド・プラット(LEG)を分析していきます。

マットレスのスプリングなどが有名な会社です。シーゲル二郎は初めて知りました。

 

連続増配…45年

S&P格付…BBB+

採用インデックス
・米国配当貴族指数
・S&P500

 

日本では馴染みがありません。シーゲル二郎も知りません。

家具製品部品の大手メーカーだそうです。耐久消費財のため、一般消費財セクターに分類されています。

 

英語が読めず雑な説明ですいません。半数はマットスプリング、カーペット、寝具類の住宅用品などの住宅用品が占めているようです。下記の4つが主な内訳です。

住宅用品 マットレススプリング、カーペットなど
工業製品 ワイヤーなど(米国トップシェア?)
家具製品 ベッドフレーム、寝具アクセサリーなど
専門製品 自動車座席、航空宇宙産業用鉄管など

 

詳しくはわかりませんでしたが、産業用ワイヤーは米国で高いシェアを誇っているようです。

 

売上は米国に偏っています。事業規模は小さい会社なので、仕方がありません。

 

2007年は赤字になっています。売上はぼちぼちですが、純利益が全く安定していないですね。今後は増収増益が見込まれています。

 

フリーキャッシュフローは比較的安定しているようです。営業CFマージンは9%~14%を行き来しており、安定していませんが以外と収益性は高い印象です。投資CFは少なく一定なのは好印象です。

 

利益が急上昇していますね。というか配当性向が100%超えてる年が多すぎますね。直近の利益が急に伸びているのも怖いです。

 

ROEは2014年の減益を除けば右肩上がりといっていいでしょう。自己資本比率が下がっているので、自社株買いの影響でしょうか。

 

現時点情報(2017/8/28)

株価…45.32ドル
配当利回り…3.18%
PER…17.56%
連続増配…45年

配当利回りは3%を超えており、十分割安かと思います。ジグザグですが、緩やかに右肩上がりで美しいです。

事業内容としては、家具類の部品ということで地味であり、今後の需要もなくならない部分かと思います。営業CFマージンも9%~14%と、業種の割には十分です。

しかし、純利益のばらつきが激しく、増配余力も少ないです。来年以降はこのまま増収増益が予想されていますが、少し危ないですね。寝具などの家具は頻繁に買い換えない典型的な買回り品なので、財布の懐が重要になってくるのもマイナスポイントです。事業規模も時価総額約7,000億円ちょいと小さめです。

連続増配45年ですが、あと5年増配して配当王になれるか見守っていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。