クロロックス(CVX)分析

シーゲル二郎です。

今回は、クロロックス(CVX)を分析していきます。

奥様方なら知っている人もいるのではないのでしょうか。

 

連続増配…40年

S&P格付…A-

採用インデックス
・米国配当貴族指数
・S&P500

 

アメリカ大手の洗剤・漂白剤メーカーです。日本でのシェアは低いですが、洗浄力に定評があり、愛用している人もいるそうです。

商品は、洗濯用洗剤、トイレ用漂白剤、除菌用ペーパータオルなどがあり、日用品を幅広くカバーしています。いずれも、米国トップクラスのシェアを誇っています。

 

売上はほぼ米国とその周辺であり、典型的なローカル企業です。事業規模も、P&Gの10分の1以下で、小さめです。

 

売上と純利益は化石のように横ばいです。ですが、少しずつ増収増益で、美しいです。米国内比率が高いため、ドル高の影響も少ないです。

 

営業CF、フリーCFともに一定で安定しています。非常につまらなく、美しいグラフです。

 

利益も緩やかに右肩上がりです。配当性向は約60%をキープしており、非常に美しいです。

 

生活必需品セクターは近年債務超過がブームですが、クロロックスは逆に最近債務超過ではなくなりました。自己資本比率が0%に限りなく近く、レバレッジは非常に高いです。

リーマンショック時にも自己資本比率はほぼ0%なので、よほど安定してる事業でなければ許されない財政状況です。

 

現時点情報(2017/8/29)

株価…137.50ドル
配当利回り…2.44%
PER…25.75倍
連続増配…40年

PERは25倍越えと割高です。リーマンショックでもほぼ落ち込んでおらず、事業安定性を買われての株高でしょう。

 

事業内容は、いわゆる日用品であり、リーマンショックでもほぼへこんでいません。安定性を生かしたレバレッジをうまく活用しており、バフェットロボを具現化したような企業です。企業安定性は米国配当貴族の中でも随一で、今後も安定して稼ぎ続けるでしょう。

ただ、事業がほぼ米国であるのが悔やまれます。それを除けば、超優良企業といって差し支えありません。

配当貴族にふさわしいピカピカ真っ白の銘柄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。