つみたてNISA対象商品

シーゲル二郎です。

現時点で、つみたてNISAの対象商品は全部で114種類あります。

日本で売ってる投資信託が数千種類に上ることを考えると、非常に少ないです。

ですが、シーゲル二郎に言わせれば、114種類でも多すぎです。本当に絞っていったら、30種類くらいになってしまうでしょう。

長期投資の王道は、分散・積立・低コストです。そして、これらを実行するには、インデックスファンドを積立投資するのが基本です。

インデックスファンドは、いわばコモディティ商品であり、ブランドで決めるものではありません。内容がほぼ同じなので、値段で決まります。

投資信託は、それ自体は金融資産ですが、運用会社の視線で見れば、「資産運用代行サービス」のようなものです。

サービス料は信託報酬として毎年取られます。(厳密には日割りで毎日)

そのため、信託報酬が安いものを選べば基本的に問題ありません。もちろん隠れコストとか、指数との乖離を気にする必要もありますが、正直神経質になる内容でもないと思います。

なので、114種類の少数精鋭に見えても、そのうち多くはポンコツ商品です。姉妹サイト「つみたてNISAとは?」では、全114種類それぞれの評価について記事を書いていますので、どれがポンコツかをしっかり確認してください。

つみたてNISA対象商品一覧(全114種類)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。