長期投資家は株価上昇を喜ぶな

シーゲル二郎です。

長期投資家の中には、株価の上昇を喜ばないひねくれものがいます。私もその一人だと思いますが、この話は少し複雑です。

長期投資家は、配当金再投資やドルコスト平均法により、こつこつ投資金額を積み立てていきます。このときに、短期的な上昇相場があると、株価が高くなり、買える株数が減ってしまいます。

また、世界一のウォーレン・バフェット氏が、この話を下記のように分かりやすく説明しています。
※一部簡略化しています。ご了承ください。

これからハンバーガーを買う人は、牛肉の値下がりを喜ぶはずだ。なのに株になると、これから株を買うのに、株価が上がっているのを喜んでしまう。

ようするに、株価が上昇して喜ぶべきなのは、これから株を売る人だけだということです。特にインデックス投資家であれば、市場全体が下落しているのはむしろ積み立てタイムが来たといえます。

 

しかし、この話は金持ち個別投資家にとっては少し違います。なぜなら、個別投資家なら値上がった株をわざわざ買う必要がないからです。

私が影響を受けた個別投資家のほうのバフェット太郎氏は、バフェット太郎10種と呼ばれる10銘柄の優良企業を保有していて、残高が最も低い銘柄に機械的に投資する戦略を取っています。

とある銘柄が急上昇したなら、他の冴えない銘柄を買うだけなので、株価上昇による不利はありません。なので、自分の銘柄が上昇したことはむしろ喜ばしいことです。

もちろん市場全体が上昇する場合もありますが、個別で見れば乗り遅れているポンコツがいるはずです。

シーゲル二郎の主力である米国配当貴族指数は、等金額インデックスであり、上昇した株を売却し、下落した株を購入する体制が整っています。(バフェット太郎氏の戦略と似ていますが、売却を伴うので税効率は乏しく劣ります。)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
バーゲンセール大好き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください