バンガード・米国資本財セクター(VIS)分析

シーゲル二郎です。

今回は、バンガード・米国資本財・サービス・セクター(VIS)分析を分析していきます。

セクターETFの1つで、資本財セクター全体に投資できるETFです。

 

バンガード・米国資本財・サービス・セクターETF (2017/3/31現在)

項目 データ
信託報酬 0.10%
銘柄数 346
PER 23.9倍
PBR 4.1倍
ROE 18.3%
利益成長率 5.3%
売買回転率 8.3%
標準偏差 12.75%

 

特筆すべきは、標準偏差の高さです。同じ時期のS&P500は10.41%だったので、かなり変動幅が大きいETFだといえます。

 

S&P500との比較チャートです。リーマンショックではVISのほうが大きくへこんでいますね。その後も、下落するときは大きく、上昇するときも大きい典型的な景気敏感株の動きになっています。

資本財セクターが含まれる企業は、主に次の通りです。(2017/3/31現在)

業種 構成比率
航空宇宙・防衛 19.8%
コングロマリット 18.7%
産業機械 10.4%
その他 51.1%

 

その他には、鉄道・輸送・部品製造などが含まれています。基本的には製造業が多いように見えます。資本財は、企業が利益を上げるために必要な財のことです。基本的には企業が商売相手のBtoBがほとんどです。

BtoB企業は、ブランドを生かしずらく、利益率が低くなりがちです。

参考記事「BtoB < BtoC

上位10銘柄は、次の通りです。

順位 会社名 構成比率
1位 ゼネラル・エレクトリック 9.9%
2位 スリーエム 4.3%
3位 ザ・ボーイング 3.9%
4位 ハネウェル・インターナショナル 3.4%
5位 ユナイテッド・テクノロジーズ 3.3%
6位 ユニオン・パシフィック 3.3%
7位 ユナイテッド・パーセル・サービス 2.8%
8位 ロッキード・マーチン 2.7%
9位 キャタピラー 2.0%
10位 フェデックス 1.9%
上位10銘柄合計 37.5%

 

シーゲル二郎が大好きなコングロマリットが多く含まれています。製造業の「モノづくり」企業が多いので、実体経済で本当に役立っている企業ばかりです。いくらサービス業やIT技術が発展しようと、生活を陰で支えているのはいつも製造業ですね(達観)

1位は堂々のゼネラルエレクトリック(笑)です。

資本財セクターは、BtoBでもイメージしやすい企業ばかりです。

エンジン飛行機戦闘機建設機械戦車

漢のロマンが詰まったセクターといえます。

これらの売れ行きは企業の設備投資に連動するので、不況では落ち込み、好況ではうなぎ登りの景気敏感株が非常に多くなっています。標準偏差が高いのもそのせいでしょう。

資本財セクターは、過去の米国セクター別リターンでは、平均を下回っていた悔しい思い出があります。大きな理由としては、当時から現在まで一番幅を利かしているゼネラル・エレクトリックが、PER40倍越えのプチバブルではじけてしまったからです。他には、当初は大きなウェイトを占めていた航空企業が、競争でボコボコに潰れていったからです。

全体的に配当性向も低めで、配当利回りもあまり高くはありません。

景気敏感株・低い平均利回り・過去の実績と3点揃ってポンコツセクターであり、長期投資家からの人気は低いです。

唯一褒められるのは、連続増配企業が多く存在することです。シーゲル二郎が投資している米国配当貴族指数でもセクター別で最も高い割合になっています。

また、NYダウ(ダウ工業平均株価)でも、もともと工業株を中心とした名残で資本財セクター比率が高めになっています。

シーゲル二郎が米国配当貴族指数とNYダウに集中投資しているのも、資本財セクターに投資したい漢の本能が出ているからもしれません(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。