バンガード・米国外増配株式(VIGI)を分析。VIGと対になるスマートベータ系ETF

つみたて次郎です。

今回は、バンガード・米国外増配株式(VIGIを分析していきます。

米国を除く先進国株や新興国株のうち、増配される可能性が高い銘柄に投資することができます。

バンガード・米国連続増配(VIG)の米国外版といえます。ティッカーもVIGInternationalと考えるとしっくり来ます。

バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)ETF(VEU)から連続増配株をスクリーニングしたETFという見方もできます。

ただし現在、国内の証券会社からは購入することができません。

投資したい場合、海外の証券口座を開設する必要があるため非常に面倒です。

つみたて次郎を含む多くの人にとっては現時点で投資不可能なETFですので、ご了承ください。

 

VIGIとVEUを比較(2018/8/31)

時価総額加重平均で幅広く米国外株式市場をカバーしている、VEUと各種データを比較します。

項目 VEU VIGI
信託報酬 0.11% 0.25%
銘柄数 2,712 312
PER 13.6倍 20.4倍
PBR 1.6倍 3.1倍
売買回転率 4% 9%
配当利回り 2.94% 1.76%

 

連続増配に注目したETFですが、配当利回りは市場平均よりも大きく下回っています。

各種指数も割高になっており、米国株版であるVIGとは大きく特徴が異なっている印象です。

VIGと同じく銘柄数は非常に絞られています。

「連続増配に注目したグロース株ETF」といえるかもしれません。

 

国別割合について(2018/8/31現在)

地域 VEU VIGI
ヨーロッパ 43.0% 49.5%
アジア太平洋 29.7% 16.8%
カナダ 6.0% 7.2%
新興国 20.6% 26.4%
その他 0.7% 0.1%

 

結構違いがありますが、一番の特徴は新興国株式の比率です。

VIGIのほうがより多く新興国株を組み込んでいます。

国別の構成比率トップは多い順に、VEUが日本・イギリス・フランスとなっていますが、VIGIではインド・イギリス・日本となっています。

 

 

セクター比率について(2018/8/31現在)

セクター VEU VIGI
金融 22.25% 9.16%
情報技術 11.69% 18.70%
一般消費財 11.18% 10.62%
資本財 11.50% 9.85%
生活必需品 9.71% 20.36%
素材 8.39% 5.93%
ヘルスケア 7.93% 11.54%
エネルギー 7.31% 7.03%
コミュニケーション 3.89% 3.33%
不動産 3.15% 1.78%
公共事業 3.00% 1.69%

 

VIGIは金融セクターの比率が低く、生活必需品セクターが多くなっています。

またヘルスケアも若干多く、全体的にややディフェンシブなセクター比率になっています。

 

トータルリターン(2018/9/21現在)

市場平均(VEU)と比較したチャートは次の通りです。

 

設定されたのが2016年2月であるため、それ以降の比較になります。

現時点では残念ながらVIGIのほうが低いリターンになっているようです。

 

低コストで面白いETF

直近の成績は良くありませんが、低コストで米国外株のスマートベータ的運用が可能なETFは非常に貴重です。

配当利回りは低いためインカムゲインを重視する人には向いていませんが、将来の配当成長が期待できる点は魅力的です。

また、米国企業に比べその他先進国企業や新興国企業は株主への利益還元が徹底されていないことも多いため、配当でスクリーニングする意味もより大きいのではないかと思います。

米国版連続増配ETFであるVIGでは比較的成熟した巨大企業が多いですが、VIGIではむしろ大きな利益成長を遂げている新興企業が多く組み込まれている印象です。

とても面白いETFですが、国内証券会社から購入できないのは非常に残念ですね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ブログ村ランキング

VIGI次郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください