VDC vs XLP

シーゲル二郎です。

今回は、生活必需品セクターETFのVDCとXLPを比較してみたいと思います。

まずは正式名称です。

 

バンガード・米国生活必需品セクター(VDC)

生活必需品セレクト・セクターSPDRファンド(XLP)

 

それぞれバンガード、ステートストリートが運営しているETFです。どちらも米国の生活必需品セクターに丸ごと投資するので、内容はほぼ一緒です。

 

VDC(2017/8/31現在) vs XLP(2017/9/21現在)

VDC XLP
信託報酬  0.10% 0.14%
銘柄数  103  36
売買回転率 6.4% 4.0%
ベータ(3年平均)※ 0.50 0.48
配当利回り※ 2.02% 2.67%

※配当利回りとベータは2017/9/25現在。

大きな違いとしては、VDC大型株から小型株まで網羅しているのに対し、XLPは大型株のみで構成されているので、銘柄数が少ないことです。

 

上位10銘柄を比較してみます。

VDC(2017/8/31現在) vs XLP(2017/9/21現在)

順位 VDC XLP
1位 P&G P&G
2位 コカ・コーラ フィリップモリス
3位 フィリップモリス コカ・コーラ
4位 ペプシコ ウォルマート
5位 アルトリア アルトリア
6位 ウォルマート ペプシコ
7位 CVSヘルス CVSヘルス
8位 ウォルグリーンBA ウォルグリーンBA
9位 コストコ コストコ
10位 モンデリーズ コルゲート
 合計 62.70% 67.36%

 

上位10銘柄は若干違いますが、調査時期が違うので、はっきりとした傾向はつかめませんでした。どちらもおおむね時価総額基準通りの順番になっていたので、特に気にする必要はないでしょう。

当然ですが、銘柄数が多いVDCのほうが、上位10銘柄で占める割合は若干低めです。この部分をどう考えるかで選んでしまっていいでしょう。

正直好みで選んでしまっていいくらいの差です。

VDC(2017/8/31現在) vs XLP(2017/9/21現在)

VDC XLP
信託報酬  0.10% 0.14%
銘柄数  103  36
売買回転率 6.4% 4.0%
ベータ(3年平均)※ 0.50 0.48
配当利回り※ 2.02% 2.67%

※配当利回りとベータは2017/9/25現在。

VDC
・信託報酬が安い。(今後引き下げの余地もアリ)
・小型株効果を得られる(かも?)

XLP
・大型株中心なのでベータは低め。
・配当金が少し多い。

ぶっちゃけどっちでもいいです。しいていうなら、VDCでしょうか?信託報酬の安さと、配当利回りの低さが魅力だと思います。そもそも配当利回りが欲しい人は高配当ETFの中で選ぶべきで、セクター戦略などを取るのは資産形成期の人だけでいいと思います。投資対象がほぼ同じであれば、配当利回りは低いほど税の繰り延べができて有利です。

なので、これから資産を増やしていく人はVDCでいいと思います。

ですが、ETFで分散投資している人は、投資先がバンガード社だらけになっている人も多いです。バンガードのETFはどれも素晴らしいですが、同社の運用リスクを背負っていることには変わりありません。

ETFだって投資信託と同じで、運用会社に虎の子の資金を預けているようなものです。

 

シーゲル二郎4種でも一度ご質問をいただきましたが、同じインデックス連動の投資信託に分散投資しているのは、運用会社を信用していないからです。特に日本のポンコツ運用会社ではなおさらですよね。

 

バンガードやステートストリートであれば、大きなミスはしないと思っていますが、可能な限り分散されていることに越したことはありません。そういった意味では、VDC vs XLP では大きな差がないので、既にバンガードのETFを持っている人は、運用先の分散としてXLPを選んでおくのもいいと思います。

参考記事「バンガード・生活必需品セクター(VDC)分析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。