バンガード・米国スモールキャップ・グロース(VBK)分析

今回は、バンガード・米国スモールキャップ・グロース(VBK)を分析していきます。

米国市場のうち、小型株かつグロース株な銘柄で構成される海外ETFです。

バンガードからは、米国小型株にまとめて投資できるバンガード・スモールキャップ(VB)という商品がありますが、それのグロース版という立ち位置です。

小型株かつグロース株ということで、今後急成長が期待できる銘柄群で構成されており、直近の成績は素晴らしいです。

各データを、小型株全体をカバーするVBと併せて確認してみます。

VB vs VBK (2018/4/30現在)

項目 VB(米国小型) VBK(米国小型グロース)
信託報酬 0.05% 0.07%
銘柄数 1436 676
PER 19.7倍 28.2倍
PBR 2.3倍 3.5倍
ROE 9.2% 8.8%
利益成長率 12.0%  18.8%
売買回転率 14.5% 19.4%

 

VBの0.05%には負けますが、VBKも信託報酬は0.07%と非常に低コストです。

銘柄数でみると、VBの半分弱をカバーしています。グロース株ですので各指標は割高になっています。

個人的には、ROEが低いのが非常に驚きました。

参考記事「株主資本利益率(ROE)とは?

 

セクター比率もVBと比較してみます。

VB vs VBR (2018/4/30時点)

セクター VB(米国小型) VBK(米国小型グロース)
金融 25.2% 17.4%
情報技術 12.1% 18.1%
資本財 19.8% 20.5%
消費者サービス 12.2% 13.5%
ヘルスケア 10.3% 16.5%
消費財 6.5% 5.9%
エネルギー 5.2% 5.3%
公益 3.8% 0.3%
素材 4.5% 2.2%
電気通信 0.4% 0.3%

 

小型株全体と比較すると、情報技術とヘルスケアが多く、金融が少なめになっています。

 

米国小型株全体(VB)と米国小型グロース株(VBK)をチャートで比較してみます。

過去10年では、小型グロース株が小型株全体のリターンを上回りました。

配当利回りはVBが約1.3%、VBKが約0.7%となっています。

ちなみにバンガードからは、総合的なバリュー株ETFとしてバンガード・米国グロース(VUG)という商品が出ていますが、こちらも過去10年では市場平均に勝っています。

ただしVUGはVBKで採用されるような小型株は含まれておらず、大型株+中型株で構成されているような米国グロースETFですので、VUG+VBKを組み合わせると幅広いサイズの米国グロース株をカバーできそうです。

さらに細かい説明をすると、バンガードからは大型バリュー株(MGK)、中型グロース株(VOT)なんて商品も出ていますので、グロース株に絞ってもこれだけ多彩な選択肢から選ぶことができます。

小型株かつグロース株という、ハイリスクハイリターンになりやすい属性同士のかけ合わせですので、良くも悪くも尖った金融商品といえますね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
スモールグロース次郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。