バンガードが全世界債券ETFを設定するらしい

つみたて次郎です。

インデックスファンド及びETFの運用会社として有名な米バンガードですが、興味深いニュースが入ってきたので紹介します。

外部リンク「コラム:債券運用業界に波紋呼ぶバンガードの新ETF

簡単にまとめてしまえば、全世界債券に連動するETFの新規設定を計画しているとのことです。

仮称は「トータル・ワールド・ボンドETF」となっており、バンガードらしい分かりやすい呼び名になっています。

債券ETFについては、あまり詳しくないのですが、むしろ今まで全世界債券クラスがなかったという事実に驚いている次第です。

そして今回の発表で一番興味深いのは、ETFの運用方法についてです。

上記ETFは、既存の海外ETF2本を間接するという方法で運用されます。下記2本のETFに間接的に投資します。

 

・バンガード・米国トータル債券市場(BND
・バンガード®・トータル・インターナショナル債券(米ドルヘッジあり)(BNDX

 

特にBNDについては、米国債券クラスとして有名ですね。このETF2本の割合がどのようになるかは不明ですが、バンガードの慣習に基づけば時価総額に応じた比率になる可能性が高いでしょう。

もしそうであれば、BND40%・BNDX60%くらいの割合になるのではないかと思います。

既存のETFに間接的に投資するETFということで、さしずめ「ETF・オブ・ETF」といったところでしょうか。

伝統的な運用方法であるファンド・オブ・ファンズや、楽天バンガードやEXE-iつみたてシリーズによって認知度を上げているファンド・オブ・ETFの新バージョンと考えることもできますね。

バンガードのことですから、最小限のコストで運用されることが期待できそうです。

ちなみにBNDの信託報酬は0.05%・BNDXの信託報酬は0.11%ですから、新ETFの信託報酬はこの中間になるかと思われます。

しかし個人的には、あまり需要がありそうな感じがしません。

日本では大人気のETFに、バンガード・トータル・ワールド・ストック(VT)というものがあります。

日本米国その他全世界の株式にまとめて投資できるETFで、インデックスファンドの理想形ともいえる内容です。

しかし、日本での人気と裏腹に、米国では不人気といっていいほどの立場です。

参考に、バンガードで最も総資産額が多いETFは、米国株式全体に投資できるバンガード・トータル・ストック・マーケット(VTI)で、総資産額はなんと約6,626億ドルです。

それに対しVTはたったの約148億ドルです。その他のETFと比べても、バンガードの中で看板メニューとはとても言えない状況です。

これは推測ですが、次の理由が考えられます。

 

①わざわざ米国外に投資して為替リスクを負う必要がない。
②既に米国株を持ってるから米国外だけの需要が多い。

 

そもそも米国外に投資する意義が薄く、投資するとしてもセットで購入する必要はないと考えている人が多いのかもしれません。

日本でも、日本個別株+先進国株インデックス(除く日本)みたいな組み合わせは一般的ですね。

これらをまとめると、全世界債券ETFはなかなかニッチな分野を攻めたのではないかと思います。

そして日本のインデックスファンド業界との絡みを考えると、つい最近新規設定された投資信託、「楽天・インデックス・バランス(DC年金)」が真っ先に思い浮かびます。

これは、バンガードの株式ETFと債券型投信を15:85の割合で投資するという、非常に珍しい仕組みを採用している投資信託です。

そして債券部分は、バンガード社の投資信託であるバンガード・グローバル・ボンド・インデックス・ファンドが用いられており、今回登場したETFと競合するような商品になっています。

新ETFは米ドルの為替ヘッジあり・楽天は円の為替ヘッジありなので内容は異なりますが、なんだかモヤモヤするのは私だけでしょうか?

むしろ楽天○○として新たに設定される…なんて可能性は低いと思いますがもしかしたらあるのかもしれません。

いずれにせよ、幅広い投資家にとって選択肢となりうる全世界債券ETFが新たに誕生するというのは良いお知らせですので、注目していきたいところですね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ブログ村ランキング

債券不要論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。