つみたてNISAの致命的な弱点

つみたて次郎です。

今年2018年度から始まったつみたてNISAですが、一言でいうと「ネ申」です。

特に若年層の方が少額から資産運用する場合に必要な要素がすべて入っています。

ここでつみたてNISAのメリットを簡単におさらいします。

 

①年間40万円まで非課税で運用できる
②非課税期間はなんと20年間も
③積立投資でほったらかし投資
④金融庁お墨付きの厳選商品が目白押し

 

選択で選ぶことができる一般NISAは、投資上限額が120万円と高いこともあり、投資金額が少ない初心者にはあまり向いていません。

また、確定拠出年金(iDECO)は、60歳まで一切おろせないという強烈な弱点があるため、万人にオススメできません。

そのなかで、一番初心者向けであり、仕組みもシンプルでとっつきやすいのがつみたてNISAです。

大きなデメリットが存在しないため、投資初心者では活用しない手はありません!

なのですが、今回は数少ないつみたてNISAの弱点を解説します。

ちなみに「投資できる商品が少ない」という部分は、メリットにもデメリットにもなるため今回は無視します。

つみたてNISAの弱点とは、「繰上償還による機会損失」です。

繰上償還とは、投資信託やETF等の金融商品が、途中で運用終了になってしまうことです。

運用会社の採算が取れなくなったりした場合に実行されます。繰上償還された場合、一定の猶予が設けられ、その間に売却するか償還日に強制的に売却されます。

繰上償還が発生しても、投資していた商品がそのまま帰ってくるだけなので、直接的な損はありません。

しかし、含み益が発生していた場合、強制的に課税されてしまうので、長期リターンを大きく毀損します。

つみたてNISAの場合、税金は一切かからないので関係ないような気がしますが、枠を無駄に消費してしまうという弊害があります。

これは一般NISAでも同じですが、NISAは一度投資した後にスイッチングが不可能なため、可能な限り売却することなくずっと保有するのが好ましいです。

しかし繰上償還は強制的な売却扱いとなり、せっかくの非課税枠を無駄にすることになります。

つみたてNISAは1年あたりの上限が40万円と少ないうえに、非課税期間が20年と非常に長いので、繰上償還によるダメージは非常に大きいです。

幸い、つみたてNISAで採用されている商品は厳しい条件をクリアしているため、繰上償還の可能性は低めですが、決して安心できる内容ではありません。

金融庁でも、この問題については検討中のようですが、しばらくは自分で目利きするしかなさそうです。

この部分さえクリアできれば、NISAはさらに最強の制度になることでしょう。

とはいえ、これはデメリットというよりもメリットの打ち消しによる機会損失であるため、致命的な弱点ではありませんね(笑)

ちなみに余談ですが、自由にスイッチングが可能な確定拠出年金(iDECO)の場合、繰上償還による枠の無駄遣いは発生しないため心配しなくても大丈夫です。

特定口座の場合はもちろんですが、つみたてNISAや一般NISAでも繰上償還リスクをしっかり管理していきましょう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村
非課税口座でも油断できません

つみたてNISAの致命的な弱点” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 匿名 より:

    楽天・バンガードは、まず20年持たない。
    携帯無料プランを1年さえ待てずに強制終了する系列。

  2. つみたて次郎 より:

    確かに繰上償還の可能性は結構ありそうですね。
    楽天以外も含め、20年ちゃんと持つかは不安です。
    やはり海外ETFの安定性が羨ましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。