シーゲル二郎4種を紹介する!

シーゲル二郎です。

誰も興味ないと思いますが、シーゲル二郎の具体的な投資先を紹介します。シーゲル二郎は、投資信託をドルコスト平均法で,毎月50,000円という大金を積立しています。

投資信託は、次の4つを保有しています。

ファンド名連動インデックス信託報酬純資産総額
iFree NYダウ
インデックス
NYダウ0.243%23億円
たわらノーロード
NYダウ
NYダウ0.243%4.9億円
Funds-iフォーカス
米国株式配当貴族
S&P500
配当貴族指数
0.54%2.9億円
SMT米国株配当貴族
インデックス・オープン
S&P500
配当貴族指数
0.594%5.4億円

中小サラリーマンのシーゲル二郎は、確定拠出年金の月額上限が23,000円までです。4つのうちでは、一番上のiFreeNYダウしか購入できないので、全額これにしています。

残りの投資資金27,000円は、NISAにぶち込んでいます。NYダウと配当貴族が同じになるように調整しているので、基本の割合は下記のとおりです。

かわいそうなたわらちゃん。

緑色がNYダウ、黄色が配当貴族です。ちょうど半分半分です。なぜこの割合かというと、なんとなくです。

このバランスを意識して、バランスが崩れれば、積立金額を変えて、追加投資でリバランスをしています。(大体同じ方向に動くので必要ないですが。)

集中投資しているように見えますが、NYダウは米国の優良企業株30社、米国配当貴族指数は連続増配中の企業約50社に投資していることと同じなので、十分すぎるほどの分散投資です。(重複している銘柄もあります。地域分散できていないのは秘密です。)

つまりシーゲル二郎のポートフォリオは、実質的に米国株を数十種類持っていることと同じリスクとリターンを背負っていることになります。投資信託しか持っていないシーゲル二郎が米国株投資家を名乗るのもこれが由来です(泣)

これらの指数に採用されている企業は、どれも優良企業ばかりであり、両方ともに採用されている企業を一部挙げると、コカ・コーラ、マクドナルド、エクソンモービルなどと、安定感抜群の優良企業ばかりです。

これらの企業であれば、株価に踊らされることなく毎日ぐっすり眠れますzzz

参考記事
シーゲル二郎10種

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください