SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)分析

シーゲル二郎です。

今回は、SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)を分析していきます。

12月19日発売予定の投資信託です。

名前からわかるとおり、つみたてNISAに間違いなく追加されるであろう商品です。

既に販売されている人気商品、「SBI資産設計オープン」と同じ内容で、信託報酬が安くなったバージョンのようです。

愛称は「スゴ六」で、コチラのほうが名前は有名だと思います。

出典「三井トラスト・アセットマネジメント

これは既存商品の説明資料ですが、内訳は新規商品も全く同じのようです。

「スゴ」とあって、6資産に分散投資されています。REITだけ10%ずつになっています。

さて、お待ちかねの信託報酬は次の通りです。

0.54%

ちょっと高くないですかね・・・。

後発のバランスファンドとしてはかなり高めです。やる気ないといわれても文句言えない水準です。

シーゲル二郎はそもそもREITに興味なので投資対象にはなりませんが、これなら6資産均等型を買ったほうがいいような気がします。

ちなみにつみたてNISA対象商品内だと次の2強になります。

ファンド名 信託報酬
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型) 0.23652%
野村6資産均等バランス 0.2376%

 

割合は少し違いますが、REITも含めて6種類を均等割合で保有します。各種16.6%ずつになります。

REITが増えてその他が減りますが、ほとんど同じ内容といっていいのではないでしょうか?

信託報酬の差0.3%はかなり大きいので、わざわざスゴ六を選ぶ必要はないような気がします。

むしろ6資産均等型のほうがサイコロのイメージに合っている気がします(笑)

というわけで、信託報酬でもサイコロ感でも負けている「SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)」はあまり魅力的ではありません。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村
微妙・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。