理解できない保険には加入しない

シーゲル二郎です。

皆さん生命保険や医療保険には入っていますか?

日本人は、保険が大好きみたいで、無駄に多額の掛け金を払っている人も多いようです

???「今はいいよね、アフラックがあるもん」

ですが、その保険の内容をきちんと理解しているでしょうか。生保レディのいう通りにハンコをついていないでしょうか。

そもそも日本には、国民皆保険という世界に誇れる保険制度があります。そのため、滞納している貧乏人でなければ3割負担で病院にかかることができます。

また、医療費が高額になっても、高額医療制度を使用することができるので、月額の医療費は約8万円で収まります。(金持ちは知りません)

また、4ヶ月目以降は約4万5千円まで下がります。1年間まるまる入院しても、医療費だけでならば約70万円ですみます。最近ではすぐに退院させられてしまうので、こんなにかかることも少ないです。

大抵の人は、それなりの貯金があれば、医療保険はほぼ不要です。今一度見直しをしてみてはいかがでしょうか。(誰目線だ)

少なくとも米国株投資家くらいの金融リテラシーがあれば、保険ではなく生活防衛資金をため込んだほうが合理的なのはわかると思います。

ケガ病気だけが人生のリスクではありません。保険に入るということは、対象外の出来事のリスクを高めることに等しいです。(保険料分が貯金できなくなるんだから)

ちなみにシーゲル二郎が加入しているのは、県民共済の入院保障型です。掛け金は月額たったの2,000円で、しかも割戻金で3割くらい戻ってくるので、実質月額1,400円です。お手頃ですが、入院保障は1日10,000円あるし、先進医療もついてきます。

県民共済は実質60歳までの保障で料金一律のため、年齢が高い人ほどお得です。そのため、シーゲル二郎のような20代の加入者は少ないようですが、それでも民間医療保険に比べれば十分安いです。

そもそも60歳まで加入する気はさらさらなく、十分な生活防衛資金が貯まるまでのつなぎです。

シーゲル二郎のように結婚する気がない(できない?)人は、生命保険なんて不要です。自分の葬式代くらい保険じゃなく貯金でなんとかしてください。また、医療保険も、ある程度生活防衛資金ができたら解約してしまっていいでしょう。

所帯持ちの幸せ者は、生命保険や就業不能保険などをしっかり吟味して、家族を安心させてください。

 

言いたいことは、投資先と同じくらい保険の加入先もしっかり選びましょうということです。保険は、人生で家の次に大きな買い物なのですから。

保険はみんなの助け合いなんて臭いセリフがありますが、人の命やケガ病気を確立で計算している冷酷な金融商品です。株式投資と同じく、理解できないものは見逃しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。