楽天・バンガード・ファンド3月分レポート(プラス乖離祭り)

つみたて次郎です。

毎月恒例の「楽天・バンガード・ファンド」月次レポートまとめです。今回は不穏なサブタイトルがついています(笑)

先月に引き続き、下記4商品の動向を確認します。

 

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)
→FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)
→CRSP USトータル・マーケット・インデックス

楽天・新興国株式インデックス・ファンド(楽天VWO)
→FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド(楽天VYM)
→ FTSEハイディビデンド・イールド・インデックス

 

愛しの楽天VYMは3回目のレポートになります。

 

 

3月における各ベンチマークとファンドのリターンは次の通りでした。

略名 ファンド ベンチマーク 指数との乖離
楽天VT -3.5% -4.0% +0.5%
楽天VTI -4.1% -4.1% 0%
楽天VWO -2.6% -4.7% +2.1%
楽天VYM -4.6% -4.4% -0.2%

 

なんということでしょう。

VTとVWOで、大幅なプラス乖離が発生しています。VTの+0.5%はまだ分かりますが、VWOの+2.1%は凄まじいの一言です。

米国株オンリーの楽天VTIは相変わらずの優等生で、楽天VYMもそこそこのブレ幅で落ち着いています。

ファンド・オブ・ETFの場合、投資元ETFのブレも上乗せされるので、米国外の株式だとブレやすいのかもしれません。

 

過去の乖離幅を一覧にまとめてみます。

略名 10月乖離 11月乖離 12月乖離 1月乖離 2月乖離 3月乖離
楽天VT -0.8% -0.2% 0% -0.2% -0.1%  +0.5%
楽天VTI -0.5% 0% -0.1% -0.1% -0.1% 0%
楽天VWO (未発売) -1.3% +0.6% -0.2% -0.9%  +2.1%
楽天VYM (未発売) (未発売) (未発売) -0.9%  0%  -0.2%

 

こうして並べてみると、楽天VTIの安定感が素晴らしいです。つみたて次郎も積立中ですので、ホルダーとしては安心できます。

その一方、楽天VWOの乖離はかなり心配です。新興国株自体の変動が大きいことや、100%米国外株式というのが影響しているのでしょうか?

いずれにせよ、1年後の管理費用判明までは注意深く見守っていきたいですね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村
投信ウォッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。