楽天カードで投信の積立が可能に!ポイント還元1%分もしっかり再投資可能!

つみたて次郎です。

2018年10月27日より、楽天証券にて楽天カードによる投信積立ができるようになります。

外部リンク「投信積立で楽天カード決済が可能に!2018年10月27日スタート!

楽天カードは、ポイントがザクザク貯まるクレジットカードで、ポイント還元率は最低でも1%と非常に高い水準になっています。

 

投信のカード決済は珍しい

投資信託の積立は、証券口座または銀行口座からの引き落としが一般的で、クレジットカードで購入できる証券会社は非常に少ないです。

実はこれまでも、楽天証券では楽天カード決済で投信を買うことは可能でしたが、クレジットカード利用扱いにはならず、ポイントも付与されないという状態でした。

そのため、あえてクレジットカード決済にするというメリットはほとんどありませんでしたが、今回の発表でその常識が覆ることになります。

 

ポイント還元率1%の素晴らしさ

通常の買い物等で楽天カードを使うと、利用金額の1%相当額がポイント還元されます。(キャンペーンなどでさらに上乗せの場合も)

楽天カードで投信を積立する場合もポイント還元率1%が付与されるとのことですので、実質的に投資額の1%がキャッシュバックされるような状況になります。

ただし、あくまで新規投資額に対して単利的に発生するものに過ぎないため、信託報酬など毎年発生するコストと直接比較できない点には注意が必要です。

とはいえ、現在多くの低コストファンドの信託報酬が0.1%単位になっていることや、競合商品同士の差が0.01%しかない現状を踏まえれば、例え単利であっても「1%」という数字は強烈です。

細かい計算を無視すれば「信託報酬が10年の間0.1%オフ」とほぼ同等のコスト削減効果がありますので、いかに素晴らしいサービスであるかが良く分かります。

 

 

楽天スーパーポイントなので投信買付が可能

還元されるポイントは楽天スーパーポイントとなるため、使い道に困ることはあまりないでしょう。

また、楽天スーパーポイントは楽天証券内で投信の購入代金に充てることができるので、スムーズに再投資することが可能です。

10,000円を出せば10,100円分の投信を積立できるようなものであり、ポイントの発生から使用まで証券口座内で完結できる点が分かりやすいですね。

 

積立可能額は月額5万円まで

楽天カード決済よる投信積立は、月額5万円が上限になっています。

年間だと60万円までとやや低めの設定ですが、サービス内容を考えればむしろ頑張っているほうだと思います。

仮に60万円の積立投資を行った場合、獲得できるポイントは60万円×1%=6,000円となります。

 

つみたてNISA・一般NISAも対象

通常の特定口座だけでなく、つみたてNISA及び一般NISAでの積立も、楽天カード決済によるポイント還元が可能になっています。

楽天カード決済による投信積立の年間上限額は60万円ですので、つみたてNISA(上限40万円)は全額収まりますし、一般NISA(上限120万円)でも半分はカバーできる計算になります。

特につみたてNISAは、少額の投信積立が前提になっている制度であるため、今回のポイント還元サービスとばっちり噛み合っています。

また、対象商品に厳しい制限がかかっているため各証券会社の差があまりなく、現状は楽天証券とSBI証券がほぼ横並びで2強という状況でした。

参考記事…【つみたてNISA】楽天証券とSBI証券を比較

しかし今後は、ポイント還元という明確なアドバンテージが生まれたので、楽天証券が頭2つ分くらいリードしたのではないかと思います。

 

つみたて次郎の感想

楽天カード決済による投信積立自体はみんなが予想していたかもしれませんが、通常通り還元率1%据え置きというのは非常に驚きました。

これだけでもお腹いっぱいですが、まさかのつみたてNISAも対象ということで、暫定今年1番の嬉しいニュースかもしれません。

つみたて次郎は現在、SBI証券でつみたてNISAを利用していますが、様子を見て楽天証券に移管することを検討していました。

参考記事「SBI証券でつみたてNISA設定がスタート!

そして今回のニュースで、楽天証券への移管を決意しました。

SBI含め他社が追随すれば話は別ですが、楽天以上のポイント還元率を提示するのはほぼ不可能でしょう。

株式等と違い投資信託は、ネット証券なら売買手数料無料(ノーロード)が基本ですので、ポイント還元率くらいしか差別化する要素がありません。

そして今回、楽天証券はダブルスコアで他社を突き放しました。

特定口座・つみたてNISA・一般NISAで投信を購入する場合、楽天カード決済で楽天証券1択という状況がしばらく続きそうですね。

 

上記画像をクリックすると、楽天カード発行申請のページに進みます。

 

上記画像をクリックすると、楽天証券口座開設ページに進みます。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ブログ村ランキング

投信積立は楽天証券で!

 

楽天カードで投信の積立が可能に!ポイント還元1%分もしっかり再投資可能!” に対して1件のコメントがあります。

  1. ぱんかす より:

    いつも楽しく見ています

    私もSBIから近々似たサービスがでなければ移管を考えています。ミライノカード限定でもいいので出してほしいところです。

    このサービスが続くのであれば月5万以下の投資家は手数料考慮すると本家VTIより楽天VTIのほうがリターンが出る可能性までありますね。

  2. つみたて次郎 より:

    いつもありがとうございます。

    ミライノカードは確か最近登場したばかりのクレジットカードですね。何らかの対抗サービスはありそうで面白い展開になりそうです。
    本家VTIとの比較は面白そうですね。今度時間があるとき記事にしてみようかと思います。

  3. ぱんかす より:

    返信ありがとうございます!
    ブログのネタにしてください(笑)

    楽天証券に問い合わせしたのですが

    積立NISAすでに使ってる場合年内の移動は不可
    来年から切り替えるにはSBI証券でNISAを廃止する手続きが必要 廃止の証明書を楽天証券に送る必要がある
    年末ギリギリまで積立してると即NISAを楽天証券に切り替えるのは難しい 遅れて切り替えるか先に非課税枠使い切っておくかがいい

    すでに積立NISAで積立た分は他社にNISAを移しても非課税で継続保有できる

    とのことなので積立NISAのボーナス払いで終わらせてしまおうと思います。NISAの廃止通知書はマネックス証券からもらったときは1ヶ月くらいかかったと思います。

  4. つみたて次郎 より:

    ぜひ使わせてもらいます(笑)

    NISAの移管についてはあまり知らなかったので、大変参考になりました。
    意外と面倒な手続きになりそうですね…。
    来年分から楽天にする方向でいろいろ動いてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください