NYダウ銘柄の海外売上比率

シーゲル二郎です。

投資金額のもう半分を投資しているNYダウ銘柄の海外売上比率について調べましたのでお伝えします。

おさらいですが、NYダウとは、米国を代表する30銘柄の株価単純平均で定められた指数です。

ダウジョーンズ社が選んだ30銘柄で構成されており、日本経済新聞社が225社選ぶ日経平均の元となった指数です。

その歴史は古く、現在の30銘柄になったのは1928年からとなっています。

意図的に選ばれたたった30銘柄で株価単純平均という時代遅れのインデックスモドキです。

とはいえ、選ばれている銘柄はどれも素晴らしく、アメリカどころか世界を代表する国ばかりです。必然と大型株がほとんどなので、安定感は抜群です。(下落相場ではちゃんと下がるけどね)

そんな30銘柄たちの海外売上比率は次の通りです。

 

コード会社名海外売上比率セクター構成比率
BAボーイング57%資本財7.9%
GSゴールドマン・サックス41%金融7.2%
MMMスリーエム59%資本財6.6%
UNHユナイテッド・ヘルス_3%ヘルスケア5.8%
HDホームデポ_0%一般消費財5.0%
MCDマクドナルド65%一般消費財4.9%
AAPLアップル65%情報技術4.7%
IBMインターナショナル・ビジネス・マシーンズ53%情報技術4.4%
JNJジョンソン・エンド・ジョンソン43%ヘルスケア4.1%
CATキャタピラー53%資本財3.9%
TRVザ・トラベラーズ_6%金融3.8%
CVXシェブロン56%エネルギー3.6%
UTXユナイテッド・テクノロジーズ43%資本財3.6%
Vビザ47%情報技術3.3%
DISウォルト・ディズニー23%一般消費財2.9%
JPMJPモルガン・チェース23%金融2.9%
PGプロクター・アンド・ギャンブル59%生活必需品2.8%
AXPアメリカン・エキスプレス21%金融2.8%
WMTウォルマート・ストアーズ27%生活必需品2.6%
XOMエクソン・モービル66%エネルギー2.5%
MSFTマイクロソフト52%情報技術2.3%
DWDPダウ・デュポン60%素材2.2%
MRKメルク52%ヘルスケア1.9%
NKEナイキ53%一般消費1.5%
VZベライゾン・コミュニケーションズ_0%通信1.5%
KOザ・コカコーラ・カンパニー52%生活必需品1.4%
INTCインテル78%情報技術1.2%
PFEファイザー50%ヘルスケア1.1%
CSCOシスコシステムズ43%情報技術1.0%
GEゼネラル・エレクトリック57%資本財0.7%
※横スクロールや並び替えもできます。
構成比率は2017年10月12日時点
海外売上比率は2016年12月時点

 

米国企業なので、米国以外の売上比率です。一部を除き2016年12月時点です。

0%になっている企業は、売上のすべてが米国の内需系企業ということになります。

会社名をクリックすると企業分析の記事へ飛びます。

最も高かったのはインテル(INTC)で、78%です。その多くがアジア地域になっており、かなり特殊な売上割合になっています。

NYダウの構成比率は2017年10月12日時点なのでずれがありますが、ウェイトを含めて海外売上比率を計算したら次の通りになりました。

NYダウ銘柄全体の海外売上比率…約42.5%

ちなみに均等保有と仮定して計算したら43.6%でした。2016年のS&P500全体が43.2%だったので、時期のずれを考慮してもほぼ変わらないことになります。

大型株が多いので海外売上比率が高いのかと思いましたが、大した差はないようです。

2017年には米国企業の海外売上比率が上がっているようなので、現在の数字は上記より大きいと思われます。

海外売上比率が高い企業が多い一方、ホームデポ(HD)などの完全ローカル企業が平均を下げています。

NYダウはあくまで米国の代表ですから、必ずしも多国籍企業で構成されている訳ではありません。それを踏まえても、世界を代表する指数に相応しいことは言うまでもありません。

引き続きiDECOで「iFree NYダウインデックス」をひたすら積み立てしていきます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
NYダウ最強

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。