高配当戦略は最も無難なバリュー株投資

シーゲル二郎です。

米国株ブログ界では、配当貴族株や高配当株についての議論が活発のようなので、シーゲル二郎も未熟ながら持論を展開していきたいと思います。

第二弾としては、「高配当株」について考えていきます。

文字通り、配当利回りが高い銘柄を中心に投資する戦略のことです。

ジェレミー・シーゲル教授いわく、「株式リターンの97%は配当金」というありがたい言葉があります。ですが、これはかなり大げさの話で、特に資産形成期においてはインカムゲインとキャピタルゲインを区別するべきではありません。

参考記事「3%キャピタルゲインの嘘

また、配当金は下落相場のプロテクターとなり、下落ショックを支える効果もあると説明がありますが、あくまで減配しない銘柄に限ります。

参考記事「配当金は下落相場のプロテクター?

昔と違い、自社株買いという株主還元方法も盛んになってきたので、配当利回りだけに注目することは危険であり、警告するブロガーが多く見受けられます。

ですが、高配当戦略は、消去法で最も無難なバリュー戦略ともいえます。

シーゲル教授が提唱するリターン補完戦略で属性の近いものは、次の3つがあります。

 

低PER戦略…利益に対して割安な株
低PBR戦略…株主資本に対して割安な株
高配当戦略…配当金に対して割安な株

 

いずれも市場平均を大きく上回るリターンを叩き出しており、割安に放置された株を拾うことができた戦略です。

ですが、それぞれ弱点が存在します。

 

低PER戦略…景気敏感株の場合、利益変動によってPERも大きく変わる。利益が落ち込んだ時にPERが上がることにより、割高な株を買い、割安な株を売ってしまう危険性がある。

低PBR戦略…知的財産や研究開発費が重要になっている現在では、そもそもPBRで割安度を測ることが難しい。結果、設備投資が多いだけのガラクタ企業が多く紛れ込む。

高配当戦略…配当金のみで判断するため、自社株買いに積極的な割安株を外すことになりがち。(トラベラーズとか)

 

どう考えても高配当戦略が一番マシな弱点になっています。また、自社株買いは配当金に比べて金額が安定しないため、比較的変動が少ない配当金を中心に考えるのは理にかなっています。

そして何より、シーゲル教授の理論を最も現実的に実践できるのが高配当戦略だと思っています。

 

①人気のある割高株は配当利回りが低いので除外できる
②倒産しそうな本当にヤバイ企業も除外できる

 

リターンを引き下げる可能性の高いこれらの株を機械的に除外できるという意味では、高配当戦略に勝るスクリーニングはないと思います。

また、この戦略を実行する場合、「バンガード・米国高配当(VYM)」が最適です。

楽天VYMの登場を日本で一番心待ちにしているのは私です(断言)

似たようなETFに「iシェアーズ・コア米国高配当株(HDV)」がありますが、こちらはセクター戦略とかごちゃごちゃ混ざっているので却下です。

VYMの場合、配当利回りが市場平均を超える銘柄を機械的に選定しており、セクター比率も市場平均にかなり似ています。

銘柄数も400超えており、米国株全体でダウの犬戦略を行うようなイメージでしょうか。

そのため、高配当戦略をする上では素晴らしい内容となっていて、シーゲル二郎もお金さえあればポートフォリオのメインとして投資したい極上品です。

少なくとも、「市場平均を超えるための高配当戦略」と「配当暮らしの人の高配当戦略」は全く別物なので、そこを区別して考えることが大切なのは言うまでもありません。

さらに言えば、電気通信セクターや公共セクターのような、「安定しているけど政府の規制が強い」企業群は、歴史的に低リターンでした。

参考記事「生活必需品すぎる企業は危険だ!

高配当戦略を市場平均を超えるためのバリュー投資として考えると、ゼネラルエレクトリックのような「高配当な景気敏感株」を避けるべきではないと思っています。

配当金が半減したとはいえ、配当利回りは市場平均を超えているので、VYMではしばらくホールドでしょう。その一方、HDVでは結構前に除外されています。

そのためシーゲル二郎は、安定高配当に集中投資するHDVが好きになれません(自称シーゲル派なのに)

もちろんここまでして、高配当株が市場平均を超えるかどうかは分かりませんが、少なくとも高配当戦略が優れたバリュー戦略であることは間違いないでしょう。

配当暮らしを目指す人は安定高配当増配優良消費者独占バリュー企業を個別に買い漁ればいいと思います。

 

楽天VYM欲しいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!

 

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村
楽天VYM欲しい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。