株を半額で買える権利

シーゲル二郎です。

突然ですが、次のような権利を得られる場合、あなたは話に乗りますか?

 

あなたは今日から、世界中のあらゆる株式やETFを市場価格の半額で買うことができる。ただし、あなたが半額で購入した株を市場で売る場合、売値はすべて市場価格の半額になる。

 

ようするに、「半額で買えるけど売るときも半額だよ」という話です。この話を受けたほうが得かどうかは、我々シーゲル流投資家であればすぐにわかるはずです。

この話を聞いて、「どうせ売るときも半額なら同じじゃん」と思ったあなたは勉強不足です。例えば、架空の会社として、シーゲル二郎株式会社の株が上場していたとします。

 

シーゲル二郎株式会社

株価…15,000円

PER…18倍

PBR…1.5倍

配当利回り…2.5%

もしこれが、半額で買えるとしたら、指標は次のようになります。

 

シーゲル二郎株式会社(半額で購入した場合)

購入金額…7,500円

PER…9倍

PBR…0.75倍

配当利回り…5.0%

 

これでわかりましたね。本来の価値の半額で買えるということは、当たり前ですが、各種指数が一気によく見えるということです。PBRは1倍を切ってしまいました。

もちろん、売るときも半額になってしまうので、値上がり益(キャピタルゲイン)を追加で得ることは不可能ですが、次の場合非常に有利です。

 

①PBRが低い会社の株式をすべて買い占めて精算してしまえば、多くの資産が手に入る。

②配当利回りが高くなるから、長期投資をすれば本来の倍の配当金が手に入り、配当金再投資によりとてつもないスピードで資産を増やせる。

 

①は個人投資家では不可能ですが、②は株を買って長期保有すればいいだけなので、誰でもできます。もしこの権利を得ることができるなら、40年後には、世界一は無理でも日本一の長期投資家にはなれそうです。

この話は、実は「成長の罠」を逆に説明しただけです。本来の価値より割安に買うことができれば、たとえ売るときに正当な株価になっていなくても、配当金再投資戦略によるメリットがあるということです。

よく割安株投資やバリュー株投資を批判する理由として、割安なのには理由があり、正当な株価まで上がるとは限らないといったことがありますが、これは、値上がり益を狙う短期投資家について説明したにすぎません。我々長期投資家にとっては、割安株がずっと割安でもかまわないんです。ただ、業績が悪化して配当金がなくなることが一番怖いので、結果として割安とは言えない優良企業に投資せざるをえないだけです。

逆に言えば、セクター戦略や高配当戦略が、「割高でしか買えない株」ばかり投資しているとしたら、将来のリターンは市場平均にボロ負けすることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。