iPhone持ってない奴がAppleに投資していいのか?

シーゲル二郎です。

米国株投資の魅力は、他の国に比べて、商品やサービスが身近に存在することです。

投資する場合、イメージしやすい企業のほうが何となく安心できるし、将来の予想もしやすいですからね。(大抵は気休めにしかなりませんが)

その筆頭ともいえるのが、スマートフォンで圧倒的シェアを誇るiPhoneです。

iPhoneはご存知の通り、米国のApple社が製造販売する商品です。アップルは、売り上げの大半をiPhoneで稼いでいる企業ですが、時価総額は世界最大で、1兆ドルも目前になっています。

1種類の携帯電話だけで稼ぐ企業が世界一になるとは、いったい誰が予想できたでしょうか?

世界のスマートフォン市場におけるiPhoneのシェアは2割もありませんが、利益額のシェアでは、8割近くを占めています。どれだけぼったくりだよ

スマートフォンそのものは代替えの効くコモディティですが、その中でiPhoneというブランドは別格の存在です。

一度iPhoneを使ったユーザーは、その操作に慣れてしまうので、機種変更する時もiPhoneを選ぶ人が多いです。

その一方、androidは数多くの会社から機種が販売されているので、乗り換えが容易です。結局儲かるのはOSを提供しているGoogle様になるというシナリオです。

OSの違いにより、iPhoneは桁違いのワイドモート(=深い堀)を築いている状況です。

ここまで理解していたら、iPhoneとandroid、どちらのスマートフォンを欲しくなりますか?(機種とOSを比較すんなというツッコミは受け付けません)

シーゲル二郎は貧乏人なので、Apple社の法外な利益がのっかっているiPhoneが欲しいとは思いません。一度買ってしまったら、ずっとアップル社へ貢いでいるようなものだからです。

シーゲル二郎が初めてスマホを手にしたのは高校生の時でしたが、周りがiPhoneを買っているのを横目に、激安android機種を買っていました。(ちなみにHTCのEVOというやつです)

その結果、スマートフォンの代金は大幅に抑えられているし、我ながら良い選択をしたなとほめてやりたいです。

現在使っているのは、中国企業であるHuawei製の「Huawei P9 lite」という機種です。価格は3万円を切っており、動作はそれなりですが十分使えるやつです。

ちなみにHuawei(ファーウェイ)は、中国名だと「華為技術有限公司」となり、なんだかかっこいいですね。

残念ながらHuaweiは非公開企業なので、株式に投資することはできません。

ですが、仮に上場していたとしても、Huaweiに投資をしたいとは思いません。なぜなら、Huaweiを選んだ理由は、「安くてそこそこの品質だから」という理由にすぎないからです。

Huaweiは中国企業なので、毛嫌いする人も多くいますが、世界的に見れば、日本製のスマホなんかよりよっぽど評価されているブランドです。

スマホのシェアもアップルを追い抜き、韓国のサムスン電子に次ぎ世界第2位のシェアを誇っている企業です。

ですが、それ以上の評価をすることはできず、他に安くてよい商品があればすぐに乗り換えることでしょう。

Huawei以外にも、ZTE・ASUSなど、代わりとなるようなブランドはいくらでもあります。

もしスマホ企業1つに投資しろと言われたら、シーゲル二郎は迷わずアップルを選びます。ユーザーとして魅力が理解できていなくとも、iPhoneが多くの人に支持されていて、法外な利益を得ていることは理解しているからです。

iPhoneユーザーは、「iPhoneの魅力を知っているからAppleの株を買う」という人が結構います。もちろんこの投資理由については、理解している企業を応援するという意味では、投資の王道ともいえます。

むしろiPhoneを毛嫌いしているシーゲル二郎がApple株を持っていたら少し違和感があると思います。(NYダウ経由で一部持ってるけどね)

ですが、ボッタくりだと思っているからこそ、魅力的な企業に見えることがあるのも事実です。

「自分が使っていて素晴らしいから投資する」「ボッタくりでも売れていてすごいから投資する」という相反する二つの考えは、どちらも投資する理由としては人間らしい納得できるものなのではないでしょうか?

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村
iPhoneからandroidに乗り換えて
浮いたお金でアップル株を買おう

iPhone持ってない奴がAppleに投資していいのか?” に対して 2 件のコメントがあります

  1. たけぼう より:

    嫌いだからこそ良く見えるという発想もありますね。
    私の持っている半導体企業も、私の仕事を増やすいけ好かない野郎ですが、
    夜の顔は最高で、美しいチャートは芸術だと思ってます。

  2. シーゲル二郎 より:

    結局は自分が評価できるかどうかって部分が大事なのかなぁと勝手に思ってます。
    好きにしろ嫌いにしろ、やはり個別株は投資以外の専門知識もないと難しそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。