【FANG+】iFreeNEXT、iFreeActiveが爆誕!【バイオ】

つみたて次郎です。

iFreeシリーズで有名な大和投資信託委託㈱が、新たなシリーズを発売するようです。

名前は、「iFreeNEXT」「iFreeActive」となっており、かなり中二病を患っております(笑)

まずは新商品一覧を見てもらったほうが早いので、さっそく紹介します。

第1弾は合わせて6本のようです。

ファンド名 投資先 信託報酬
iFreeNEXT FANG+インデックス NYSE FANG+指数 0.7614%
iFreeNEXT NASDAQバイオテクノロジー・インデックス NASDAQバイオテクノロジー指数 0.783%
iFreeActive ゲーム&eスポーツ ゲーム・eスポーツ関連株 1.1988%
iFreeActive EV 電気自動車関連株 1.1988%
iFreeActive エドテック 教育関連株 1.1988%
iFreeActive チャイナX 中国ハイテク株 1.1988%

 

NEXTはインデックスファンド、Activeはアクティブファンドとなっています。

いずれもテーマ型ファンドとなっていて、これからの成長分野が名を連ねています。

信託報酬は決して安くはありませんが、十分実用に耐えうる範囲かと思います。

特にインデックスファンドのNEXT2種については、そこそこ需要がありそうです。

「NYSE FANG+指数」は、FANGの4種+その他ハイテク企業6種の10銘柄で構成されるインデックス指数です。

NYSE FANG+指数構成銘柄10種

ティッカー 会社名 国籍
FB フェイスブック アメリカ
AMZN アマゾン・ドットコム アメリカ
NFLX ネットフリックス アメリカ
GOOG アルファベット アメリカ
APPL アップル アメリカ
TWTR ツイッター アメリカ
NVDA エヌビディア アメリカ
TSLA テスラ アメリカ
BABA アリババ 中国
BIDU バイドゥ 中国

 

10銘柄を等金額ウェイトで保有するインデックスです。バフェット太郎10種と同じバランスです。

米国と中国のIT企業で構成されており、全体としてはグロース株寄りの内容となっています。

つみたて次郎は絶対に買わない内容です(笑)

 

もう一つの「NASDAQバイオテクノロジー指数」は、米国のバイオテクノロジー関連企業約200社の時価総額基準インデックス指数になっています。

現時点では、ギリアド・サイエンシス(GILD)、アムジュン(AMGN)、セルジーン(CELG)が構成比率トップ3になっており、この3つで全体の約25%を占めています。

同じ指数に連動する海外ETFに「iシェアーズ・ NASDAQ・バイオテクノロジー(IBB)」がありますが、チャートはこんな感じです。

2015年にはバイオブームが起きていますが、当時の最高値は更新できていないようです。

コチラも内容としてはグロース株寄りの選定となっています。

 

Activeの4種についてはアクティブファンドなので詳細は不明ですが、いずれも悪くないコンセプトとなっており、期待できそうですね。

NEXT、Activeともに大和証券信託委託のセンスが光る内容となっています。

絶賛迷走中のアセットマネジメントONE(たわらの会社)も見習ってほしいところですね。

参考記事「たわらノーロードバランス 分析

参考記事「たわらノーロードの信託報酬が引き下げられます

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村
面白いコンセプト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。