NYダウとは

シーゲル二郎です。

私の投資先の半分は、NYダウに連動する投資信託です。NYダウとは一体何なのでしょうか?

NYダウは、ダウ平均株価とも呼ばれています。最近では、20,000ドルを突破したことで、ニュースでも多く取り上げられています。

ダウ工業株30種平均というのが最も正式っぽい呼び方のようです。もともとは、工業系の企業だけでしたが、現在では、IT企業やメディア企業も入っており、工業関係ないほうがむしろ多いです。ハハッ

NYダウとは、アメリカを代表する優良企業30社の株価の平均です。(細かい計算はありますが、ここでは重要ではないので省略します。)

つまり、NYダウに連動するということは、選ばれている30社の株をまとめて持っていることになります。その名誉ある30社は下記の通りです。(2017/8/18現在)

※横スクロールや並び替えもできます。
構成比率は2017/10/12時点
コード会社名セクター構成比率
BAボーイング資本財7.9%
GSゴールドマン・サックス金融7.2%
MMMスリーエム資本財6.6%
UNHユナイテッド・ヘルスヘルスケア5.8%
HDホームデポ一般消費財5.0%
MCDマクドナルド一般消費財4.9%
AAPLアップル情報技術4.7%
IBMインターナショナル・ビジネス・マシーンズ情報技術4.4%
JNJジョンソン・エンド・ジョンソンヘルスケア4.1%
CATキャタピラー資本財3.9%
TRVザ・トラベラーズ金融3.8%
CVXシェブロンエネルギー3.6%
UTXユナイテッド・テクノロジーズ資本財3.6%
Vビザ情報技術3.3%
DISウォルト・ディズニー一般消費財2.9%
JPMJPモルガン・チェース金融2.9%
PGプロクター・アンド・ギャンブル生活必需品2.8%
AXPアメリカン・エキスプレス金融2.8%
WMTウォルマート・ストアーズ生活必需品2.6%
XOMエクソン・モービルエネルギー2.5%
MSFTマイクロソフト情報技術2.3%
DWDPダウ・デュポン素材2.2%
MRKメルクヘルスケア1.9%
NKEナイキ一般消費1.5%
VZベライゾン・コミュニケーションズ通信1.5%
KOザ・コカコーラ・カンパニー生活必需品1.4%
INTCインテル情報技術1.2%
PFEファイザーヘルスケア1.1%
CSCOシスコシステムズ情報技術1.0%
GEゼネラル・エレクトリック資本財0.7%

※スマートフォンなどの方は横にスクロールしてください。

ほとんどが、アメリカの代表どころではなく、世界代表レベルです。アメリカ経済の強さを最も単純に証明してくれています。

コカ・コーラ、アップル、マイクロソフト、ナイキなどは日本人でもみんな知っているでしょう。これらの企業は、社会への影響力や、財政状況などを判断して選ばれたいわゆるスーパースター企業です。

しかし、全体として成熟した大企業が多く、1年で売上が2倍などの急成長は期待できない銘柄群です。

NYダウは、その時代に応じて適宜入れ替えされています。1896年に12銘柄から始まったのが最初ですが、当時の銘柄は、現在ゼネラルエレクトリック1社しか残っていません。

そのゼネラルエレクトリックも、途中何度か外れていますし、会社の事業内容も大きく変化しているので、事実上ずっと採用されている銘柄はありません。

つまり、その時代のチャンピオンであっても、永遠に繁栄が続くことはなく、盛者必衰ということです。

下記の図は、NYダウの始まりである1896年から100年以上の超長期チャートです。

 

 

1929年の大幅下落は世界恐慌の時です。もう歴史の勉強になります。しかし、どんな状況からでもゾンビのように這い上がり、右肩上がりで成長を続けています。

採用されている銘柄たちを考えれば、この素晴らしいチャートも納得ですね。

2017年1月に20,000ドル突破、現在は21,695ドルまで上がっているので(2017/8/18現在)、このグラフよりもさらに上がっています。

シーゲル二郎の考える、信頼できる優良企業にふさわしい銘柄ばかりです。また、30社とインデックスとしては少ないので、企業に投資をしてる感が大きいのもメリットです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。