ジェニュイン・パーツ(GPC)分析

シーゲル二郎です。

今回は、ジェニュイン・パーツ(GPC)を分析していきます。

米国内で大手の産業用部品・用品の流通業者です。

日本でいうオートバックスみたいな企業です。

 

連続増配…60年

S&P格付…不明

採用インデックス
・米国配当貴族指数
・S&P500

 

一般消費財セクターに属する流通業者です。扱うものは、自動車部品が中心です。

 

出典「genuine parts

オートモティブ…自動車用品、アクセサリーなど

産業…産業用消耗品(ベアリング、動力伝達製品など)

オフィス…オフィス用品(文房具など)

電気…ワイヤー、ケーブルなど

 

自動車用具関連が半分を占めており、稼ぎ頭になっています。文房具などのオフィス用品が意外と高い割合を占めており、面白いですね。

 

・・・業種考えたらこんなもんでしょう。残りもカナダが幅を利かせているようです。

 

薄利多売のためいつもの正方形グラフ。しかし、毎年安定して純利益を出すことができています。

 

自動車部品は耐久性が長く頻繁には買い換えられませんので、景気による需要の上下があります。しかし、安定してキャッシュを獲得できております。

ただ、小売業の宿命か営業CFマージンが5%~8%の間と低めです。

 

2008年からのリーマンショックで若干へこんでいますが、気にならないレベルです。配当性向も50%強であり、増配継続には問題ありません。

 

ROEは20%をキープしており十分な収益性です。自己資本比率は若干低下気味ですが、ROEが上昇しているので、資本構成が変わっただけでしょう。

 

現時点情報(2017/8/25)

株価…82.96ドル
PER…18.07倍
配当利回り…3.27%
連続増配…60年

PERも高くなく、配当利回りも3%を超えていて、株価も下落中。素人が見れば買ったほうがいいよと言いたくなります。

シーゲル二郎は素人なので買いを推奨です。

 

純利益の安定感は素晴らしいです。また、株価もちょうどいい水準で、買いたくなります。(買えないけど)

営業CFマージンが5%ちょいと低すぎるのは気になりますが、業種考えたら薄利多売で仕方がありません。海外売上比率が低すぎるもの仕方がありません。

シーゲル二郎は好みではありませんが、連続増配銘柄にふさわしい安定性と地味さを誇っています。

また、販売業はアマゾンの脅威がありますが、自動車部品や産業部品は専門性が高く、まだ大丈夫な領域だと思っています。

総合的に見て優秀な貴族といえるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。