EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド 分析

シーゲル二郎です。

今回は、「EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド」を分析していきます。昨日存在が確認された新商品です。

当ブログでは、バンガードのETFをひたすら買い付ける「楽天・バンガード・ファンド」をオススメしていますが、その対抗馬といえる商品です。

「EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド」(以下EXE-iグローバル)の投資対象は、日本を含む全世界株式で、大型株から小型株まで広く網羅しています。簡単に言うとVTです。

楽天では、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」が競合商品となります。投資先はほぼ同じなので、信託報酬を含む総合的なコストが勝負のカギとなります。

こちらのEXE-iグローバルは、運用会社がSBIアセットマネジメント株式会社なっています。2大ネット証券ともいえる、住信SBI証券VS楽天証券のガチンコ対決ともいえます。

そんなSBIが用意したこの商品も、楽天と同じくマザーファンドを海外ETFで代用する、ファンズ・オブ・ETFともいえる商品になっています。実質的な投資先ETFは次の通りです。

海外ETF名称 投資先 信託報酬
シュワブ U.S. ブロード マーケット ETF 米国株 0.03%
SPDR ポートフォリオ・ワールド(除く米国)ETF 先進国株(除く米国) 0.04%
SPDR ポートフォリオ・エマージングマーケッツETF 新興国株 0.11%

 

SPDR(スパイダー)は有名なステートストリート社のETFなので分かりますが、一番上の「シュワブ」はあまり聞かない名前ですね。シュワブETFは、「チャールズ・シュワブ証券」が運用する超低コストETFシリーズで、バンガードを超える低コストとして業界に挑戦しています。

楽天はもともとが全世界に分散されている「バンガード・トータル・ワールド・ストック(VT)」だけを買付するのが特徴ですが、こちらは3つのETFを組み合わせてマザーファンドを構成するのが大きな違いです。

 

さて、みんなが気になっている信託報酬ですが、素晴らしいことになっているので表でまとめました。

種類 ETF信託報酬 その他信託報酬 合計
楽天全世界株 0.11% 0.1296% 0.2396%
SBI全世界株 0.042% 0.108 0.15%

 

SBIやばすぎワロタw

楽天と違い、ETF部分を分解して保有しているので、ETFにかかる部分は半分以下のコストに収まっています。(全世界まとめてのVTは相対的に割高)

そんな圧倒的有利な状況にもかかわらず、運用会社等の取り分も非常に抑えており、全体でも0.15%という素晴らしい低コストになっています。キリがいいですがちゃんと税込です。

理論上は、楽天を大幅に超えるスーパー商品だといえます。とはいえ、懸念材料が全くないわけではありません。

3つのETFを管理する必要があるので、指数との乖離が心配です。ちょうど昨日楽天で下方乖離のレポートが発表されたばかりです。

参考記事「楽天VT・楽天VTIが下方乖離

たった一つのETFを管理するだけでこのザマならば、3つならどうなってしまうのでしょうか?

逆にこの部分をちゃんとクリアできるなら、楽天も涙目になる後出しジャンケンともいえる商品です。

楽天もVTではなくVTI・VEA・VWOを組み合わせて運用するという考えもあったと思いますが、日本では「バンガード・トータル・ワールド・ストック」という名前が非常に有名ですから、戦略上そのままVTを扱うしかなかったのかもしれません。

???「VTは〇ソ」

いずれにせよ、指数との乖離がないように運用さえしてくれればそれでいいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村
米国株ブログ界並の激しい競争やな

お知らせ

つみたてNISA専門の解説サイト「つみたてNISAとは?」を立ち上げました。

つみたてNISAについて詳しく知りたい人や、投資初心者の方は、コチラもぜひご覧ください。

下記の画像をクリックするとサイトに移動します。

 

ジャンル別のオススメ商品も紹介していますので、ぜひご覧ください!

つみたてNISAオススメ商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。