eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) vs 楽天・全米株式インデックス(楽天VTI)

つみたて次郎です。

これまで米国株のインデックスファンドとしては、楽天・全米株式インデックス・ファンド(以下:楽天VTI)が最有力候補でした。

しかし2018年7月3日より設定されるeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)(以下:SlimS&P500)が登場したことにより、米株ファンドの選択肢が増えました。

 

そしてこの2つは非常に似ており、甲乙つけがたい内容となっています。

今回は、楽天VTIとSlimS&P500について徹底比較していきたいと思います。

 

事実上の投資対象

それぞれの投資対象は次の通りです。

 

楽天VTI…VTI(=米国市場全域)
SlimS&P500…S&P500(=米国大型株)

 

楽天VTIは、海外ETFであるバンガード・トータル・ストック・マーケット(VTI)のみを投資対象とするファンド・オブ・ETFであり、運用成績はVTIとほぼ一致するようになっています。

VTIは米国株式市場のほぼ100%をカバーしています。

それに対しSlimS&P500は名前の通り「S&P500」に連動するように運用されます。S&P500は米国大型株500社で構成される指数で、米国株式市場の上位約80%をカバーしています。

S&P500はいくつかの銘柄選定条件があり、多少アクティブな要素を持つインデックス指数ですが、カバー範囲が広いためあまり意識しなくてもよいでしょう。

参考記事「S&P500指数に採用されるための条件

投資内容で考えれば、時価総額下位20%含めすべてカバーしているのが楽天VTI、時価総額下位20%をカバーしていないのがSlimS&P500ということになります。

基本的に時価総額の小さい小型株はリターンが良くなる傾向がありますが、大部分は重複しているため大きな差にはなりません。

これは、VTI(楽天VTIの代用)とVOO(SlimS&P500の代用)の過去5年チャートです。

ほとんど重なっており、どちらを選んでもあまり変わりません。

より厳密にインデックス投資を行いたい場合や、小型株効果を期待するのであれば楽天VTI・S&P500指数にこだわりたい場合や、大型株に寄せたい場合はSlimS&P500を選ぶのがよさそうです。

 

信託報酬と実質コスト

それぞれの信託報酬は次の通りです。

 

楽天VTI…0.1696%
SlimS&P500…0.1728%

 

わずかに楽天VTIのほうが低いですが、その差は0.0032%しかありません。

見かけ上の信託報酬が同等ならば、隠れコストを含めた実質コストで比較していく必要があります。

しかしSlimS&P500はもちろん、楽天VTIも登場してまだ1年たっておらず、ハッキリ計算することは出来ません。

また、運用方法の違いから考えていくことも難しい部分があります。

それぞれの運用方法は次の通りです。

 

楽天VTI…ファンド・オブ・ETF(投資対象はVTI)
SlimS&P500…ファミリーファンド方式(現物運用)

 

ファンド・オブ・ETFは、楽天バンガードやEXE-iつみたてシリーズなどが採用している運用方法で、マザーファンドを海外ETFで代用するという画期的な運用方法です。

運用コストが低く抑えられる可能性が高いですが、最終的なコストやトラッキングエラーにどう影響するかは未知数であり、投資家としては不安な部分でもあります。

また、バンガード等の米国籍ETFに投資する場合、米国から見た外国(=米国外)の株式を含んでいる場合は三重課税問題が発生します。

しかし上記2つの投資信託は、いずれも米国株のみに投資する米国籍ETFですので、運用方法による課税上の不利も発生しません。

つまるところ、実質コストの優劣を予想することすら不可能な状況であるといえます。

 

 

運用会社の違い

それぞれの運用会社は次の通りです。

 

楽天VTI…楽天投信投資顧問(株)
SlimS&P500…三菱UFJ国際投信(株)

 

楽天VTIは名前の通り楽天グループに含まれる楽天投信投資顧問が運用会社になっており、大人気シリーズである「楽天バンガード」の中でも最も人気がある看板商品です。

楽天投信投資顧問が存続する限り、楽天VTIの繰上償還リスクは低いでしょう。

しかし、楽天自体が比較的新しいIT企業であり、良くも悪くも多角展開をしているイメージがあります。

親会社である楽天㈱は、最近携帯事業への参入を表明しましたが、株価は暴落しており、市場からはあまり評価されていません。

十分巨大な成長企業ではありますが、三菱と比較するのは酷といえるでしょう。

楽天VTIという商品は今後も有望な看板商品ですが、その大元の楽天投信投資顧問という会社に対しては不安が残る印象です。

その一方、SlimS&P500の運用会社は三菱UFJ国際投信㈱となっており、知名度もその実績も抜群です。

財閥企業ということもあり、運用会社そのものが消滅する可能性は極めて低いでしょう。

しかし、「eMAXIS Slim」というシリーズを考えていくと、懸念材料もあります。

もともとSlimは、今となっては低コストといえない「eMAXIS」シリーズ(通称:fat)のマザーファンドを流用し、赤字覚悟の信託報酬で販売するというえげつない商品群です。

現時点では「客寄せ目玉商品」に過ぎず、単体ではビジネスとして成り立っているかどうかも怪しいです。

三菱としては、低コストファンドのマーケットリーダーという地位を確立したいと考えがあるようなので、当面は問題ないかと思いますが、何かのきっかけで改悪…最悪の場合は繰上償還という可能性も十分考えられます。

また、米国株というジャンルは、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスと競合する内容であり、Slimシリーズの中でも存続させる場合の優先度は低くなるでしょう。

三菱UFJ国際投信という運用会社自体は鉄壁ですが、その中でのSlimシリーズの立場・S&P500の立場を考えれば、繰上償還リスクも無視できないでしょう。

まとめると、運用会社の歴史が浅い楽天VS商品の立場が悪い三菱という構図になり、それぞれ別の問題を抱えることになります。

 

総資産額の差

投資信託やETFを選ぶ際には、総資産額についても考えていく必要があります。

単純に総資産額が多いほど、運用会社にとっては指数と連動させやすく、経費率を引き下げやすくなります。

また、総資産額が多いほど企業にもたらす利益も大きくなるため、繰上償還になる可能性も低くなります。

そして総資産額は、ベビーファンドとマザーファンドという2大要素に大きく分けていくことができます。

ベビーファンドは、投資信託ごとに集まった資金であり、通常総資産額といえばこちらを指します。

マザーファンドは、その運用会社で日本株・先進国株などのジャンル別に集められた資金であり、三菱UFJ国際投信㈱の場合は「eMAXIS Slim」「eMAXIS(通称:fat)」「つみたてんとう」などが同じマザーファンドによって運用されています。

楽天VTIの場合、マザーファンドの中身はVTIで埋め尽くされており、他ファンドと兼用されていないことから、楽天VTIの総資産額=マザーファンドの総資産額となります。

ちなみに楽天VTIの総資産額は現在約134億円となっており、現在も急スピードで増えています。

その一方、SlimS&P500はまだ販売されていないので、ベビーファンドは当然ゼロです。

しかしその大元となるマザーファンドは、私募ファンドでの運用実績があり、それなりの規模になっているようです。

投信ブロガーのたわら男爵氏が詳しい調査をしていますので、リンクを載せておきます。

外部リンク「【大改稿】スリムSP500が楽天VTIと同額で登場(7/3~)

詳しい数字は不明ですが、楽天VTIに匹敵する規模である可能性も十分あり、もしそうであれば安定運用やコスト低下につながりそうです。

マザーファンドが潤沢であれば、あとはSlimS&P500そのものの総資産額(=ベビーファンド)の残高が増えかどうかがカギとなります。

個人的には、eMAXIS Slimというブランドが十分浸透していること・S&P500という分かりやすい指数に連動するということから、楽天VTIほどではないとしても総資産額は順調に増えていくのではないかと予想しています。

総資産額という要素を考えてみても、大きな差は出なさそうです。

 

まとめ

楽天VTIとSlimS&P500の違いについて一覧でまとめてみます。

楽天VTI SlimS&P500
投資先 米国株全域 S&P500
小型株 小型株含む 小型株含まない
信託報酬 0.1696% 0.1728%
運用方法 ETF運用 現物運用
運用会社 楽天投信投資問 三菱UFJ国際投信
総資産額 約134億円 詳細不明

 

複数の要素から楽天VTIとSlimS&P500を比較してきましたが、正直決定的な部分がありません。

特に実質コストや総資産額においては現時点で不明な部分が多く、優劣を検討することすら困難な状況です。

結局は、小型株を含むかどうか・ETF運用か現物運用か・楽天か三菱かという部分で選んでいくようなことになるかと思います。

また、これほど優劣がつけられない内容なので、あえて両方保有するというのも十分考えられるでしょう。

運用方法や運用会社ごとのリスクを抑えるという意味では、類似ファンドの複数持ちは合理的です。

参考記事「MSCIコクサイ7種

ただしファンドの本数が増えるため、管理が面倒になる点には注意です。

つみたて次郎は現在楽天VTIをつみたてNISAで積立中ですが、単に米国株インデックスファンドで低コストだからという理由で選んでいるにすぎず、今回登場したSlimS&P500は強力なライバルです。

基本的に大型株が好きなので、VTIよりもS&P500のほうが好みですし、楽天&ETF運用よりも三菱&現物運用のほうが信頼できると思っています。

しかし、SlimS&P500はまだ実績がありませんし、上記で説明した通り繰上償還リスクと無縁ではありません。

基本的に国産の投資信託において最も注意しなければならないのは、運用会社都合による繰上償還ですので、2つとも保有してリスクを分散することも視野に入れていきたいと思います。

楽天・全米株式インデックス・ファンドとeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、どちらも非常に似ているため悩ましい選択となりますが、選ぶ際の参考になれば幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ブログ村ランキング

SlimS&P500次郎

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) vs 楽天・全米株式インデックス(楽天VTI)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 田中 より:

    ウォーレンバフェットの90%s&p500
    10%短期債権についてどう思いますか?
    また債権アセットについての意見もお聞きしたいです

  2. つみたて次郎 より:

    バフェット氏のアドバイスは、大半を株式・一部を安全資産にという意図が読み取れるので、個人的には良いと思います。
    ただし、日本人の場合は為替リスクがあるので、株式部分がS&P500でよいかどうかという議論は常にあります。
    また、短期債券については、債券への投資というよりも生活防衛資金という意味合いが強いと思っており、日本人なら日本国債や現金が適任かと思います。

    債券アセットについては、相対的にシャープレシオが低く(特に外国債券)、株式との逆相関をあまり信用していないので、個人的には不要と考えています。
    株式+現金によるポートフォリオで十分だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。