バフェット「資産の90%をS&P500に投資せよ①」

シーゲル二郎です。

世界一のウォーレン・バフェット氏は、自分がなくなった後の資産の管理について妻に次のように告げています。

「資産の90%はS&P500、残り10%は政府短期国債に投資せよ」

家族がしっかり資産を運用できるように遺言を残しています。5%ドラえもんではなく90%S&P500ということですね。

ちなみにバフェット氏は2度結婚しており、最初に結婚した相手はスーザン氏でしたが、2004年に亡くなり、その後2006年にアストリッドと結婚しました。

バフェット氏は、投資会社であるバークシャー・ハサウェイ(BRK.B)のCEOです。事実上はバフェット氏が舵を取る投資ファンドともいえる存在です。

バフェット氏は現在、ビル・ゲイツ氏に次ぐ世界第2位のお金持ちです。資産総額は756憶ドル(約8.5兆円)です。

資産の多くはバークシャー・ハサウェイのA株になっており、株主と運命共同体ともいえます。

ですが、自分の死後にはS&P500に投資しろと言っているということは、自分が去った後のバークシャー・ハサウェイを売れという指示になり、少し悲しいです。

バフェット氏自信は根っからの集中投資家で、「分散は無知に対するヘッジだ」という格言も残しています。その一方、インデックス投資の有効性を認めており、多くの投資家の最適解になるという発言もしています。

妻への遺言も、S&P500に連動するインデックスファンド(バンガードなど)に資金の90%を投資しろといっています。

そのため、世界一の投資家が認めるS&P500への投資が1つの最適解であるという見解が広がっています。シーゲル二郎もそう思っています。

ですが、ここで1つ疑問があります。バンガードのETFであれば、S&P500に投資するVOOよりも、米国市場全体に投資するVTIのほうが有名です。なぜVTIではなくVOOを推奨したのでしょうか?

シーゲル二郎が捻くれた2つの理由を考えてみました。

 

①単純に大型株が好きだから

バフェット氏は米国の誰もが知っている超大型株への集中投資で成功した投資家です。S&P500は大型株500社の時価総額平均なので、単純に市場全体よりS&P500が好みだという理由です。

 

②ブラックロック、ステートストリートに配慮した

S&P500に連動するETFは各社の目玉商品で、ブラックロックはIVV、ステートストリートはSPYがあり、それぞれ総資産額が最大です。特にSPYは全ETFの中で最大級です。

それに対し、バンガードはVOOがありますが、一番人気は米国市場丸ごと投資のVTIです。この状況でVTIといってしまうと、明らかにバンガードをひいきすることになってしまいます。だけど、バンガード好きはアピールしたいので、S&P500(バンガードなど)というちょうどいい表現に落ち着いたと考えたのが理由です。

 

どちらもシーゲル二郎の妄想なので、99.9%違うと思います。

格言についての記事ですが、まさかの②に続くので、明日の朝6:00にまた会いましょう。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
②も読んでね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。