バフェット「資産の90%をS&P500に投資せよ②」

シーゲル二郎です。

世界一のウォーレン・バフェット氏は、自分がなくなった後の資産の管理について妻に次のように告げています。

「資産の90%はS&P500、残り10%は政府短期国債に投資せよ」

今回はこの格言についての考察その②なので、見ていない人は①からご覧ください。

資産の90%をS&P500に投資せよ①

前回の記事では、バフェット氏がS&P500を選んだかという内容で、シーゲル二郎のしょーもない妄想を書き連ねました。

今回はもう少し真面目に行きますが、それでもあまり参考にならないと思いますのでご了承ください。

S&P500に90%投資するのは、バフェット氏が米国経済の成長を強く信じていていることを考えれば当然の内容です。

ですが、残り10%の政府短期国債が気になります。バフェット氏はアメリカ人なので、政府とは米国債のことです。

世界で最も安全な資産(ということになっている)米国債を10%組み込んでいます。短期債ということなので、償還までの期間が1年未満の価格が極めて安定している債券になります。

上記の格言の通りにポートフォリオを組むと、次のようになります。

わざわざグラフにするまでもありませんがこんな感じです。S&P500は米国企業500社の株式になるので、全体の90%が株式、残りが政府短期国債になります。

政府短期国債10%については、いわゆる生活防衛資金のような意図があるのかと勝手に予想しています。必要な出費があったときに優先して売却する部分という意味で。

割合を守っていくならリバランスが必要だし、生活防衛資金としての国債ならリバランスする必要は別にありません。

バフェット氏はバイ&ホールドが基本の投資家で、値上がりしたから一部利確するようなケチなことはしません。

最近ウェルズ・ファーゴ(WFC)を少し売りましたが、保有株数がWFC株全体の10%を超えてしまうとFRBの調査が入って面倒だから売っただけです。5%ドラえもんならぬ10%WFCです。

バフェット氏の投資哲学を考えると、リバランスして調整するということはしないのではないかと思います。

なによりバフェット氏がリバランスのような小手先の投資法について語るシーンを想像したくありません。

バフェット氏にはリバランスとか積立投資とかとは無縁の、雲の上にいる存在であってほしいのです。

庶民のための具体的な投資法について教えてくれるのはジェレミー・シーゲル先生だけで十分です。

バフェット氏には、抽象的で誰も実践できないような投資哲学を貫いてほしいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。